FC2ブログ
2010 / 10
≪ 2010 / 09 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - - 2010 / 11 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

本日もドル売りが継続しています。
東京タイムでは豪雇用統計が発表されていますが、結果の方は就業者数が+4万9500人(予想は+2万人)とかなりのサプライズとなっており豪ドルが急上昇しています。
一方欧州通貨は、英国が本日の金融政策発表で資産買い入れ枠を2000億ポンドから2500億ポンドへ拡大するとの予想もあるようでポンドが軟調推移、つられるようにユーロドルも下押しし一時1.39ドルを割り込みましたが、ユーロの方は前日同様すぐに買い戻されており結局は再び上値試しとなっています。
欧州勢参戦ではドル売りの流れが更に加速しており、ドル円はついにオプション水準の82.75、そして82.50も割り込んでいます。
東京タイムから堅調推移していた豪ドルドルは変動相場制度移行後の最高値を更新、0.9916を記録、ポンドドルは1.60を突破し1.6017、ユーロドルも1.40ドルを突破し1.4028までの上昇、ドル円は82.10までの下落とドル全面安となっています。
ユーロドルが1.40と言う節目を突破したことで、トリシェECB総裁は「米当局が強いドルを促進することが重要」、「行き過ぎた為替変動は好ましくないと再表明」と発言するなどついにユーロ高牽制がでています。
ストロスカーンIMF専務理事も「通貨上昇には限界がある」と述べており、これを材料視したのか現在ではドル安も一服、ユーロドルは1.39ドル半ばまで下落、ドル円も82.5付近まで値を戻しています。

ユーロドルは1.40、ポンドドルは1.60達成、豪ドルドルは過去最高値更新と、今日の動きで各通貨かなりの達成感がありますね。
明日には雇用統計を控えていますのでもう一波乱あるかもしれませんが、ここからは行き過ぎたドル安の反動によるドル買いを期待したい所です。


本日のトレードポイント

今日はドル円のロングポジションをとりました。
当局の防衛ラインとされていた82円が急接近、一時82.10までの下落となりましたが、下髭を残す形で82.47まで上昇、再度下押しとなるも再び82.20で下髭をつけたという事でたった今82.31でロング、ストップは81.90です。
完全に逆張りです。
マイルールに反していますが、リスクリワードを考えたらありかなと思いました。
現在での利益目標は84円台半ばを考えています。
ストップやターゲットは臨機応変に対応、値動きを見ながらOCOで対応していきたいと思います。

それでは本日のトレードです。
今日もユーロドルです。

1007eurusd5

前日NYタイムにつけた高値1.3948にラインを引いておきました。
1.3950のオプションが意識されていたと言う事でここの突破(白○)でロングでエントリーしています。
過去に何度も解説してきたパターンですので、特に言うことも無いですね。
1.40ドルの大台手前で失速してきた所(赤○)で利益確定しています。

その後ついに1.40ドルを突破していますが、現在ではかなり大きな調整が入っています。
トリシェECB総裁やストロスカーンIMF専務理事の発言、雇用統計を前にポジション調整、色々あるかと思いますが、このまま大きな下落となると個人的には面白いと思っています。


本日のトレード結果

USDJPY L 82.31 → 保有中
EURUSD L 1.3953 → 1.3975 +22PIPS

1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

スポンサーサイト

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

本日は前日の流れを引き継ぎ東京タイムからドルが軟調推移。
日銀の追加金融緩和策の決定を好感し日経平均は続伸となっていますが、ドル売りの流れは根強く、ドル円は相変わらず上値の重い展開が続いています。
一方ユーロドルは堅調ですね。
韓国中銀はドル買い、韓国ウォン売り介入を実施しており、自国通貨売り介入によって得たドルのポジションをユーロ買い、ドル売りによって調整しているとの事もユーロドルの上昇につながっているよう様です。
ドル売りの流れは欧州勢参戦でも衰えることはなく、ユーロドルは当日高値を突破し1.3880まで上昇。
その後はフィッチがアイルランドの格付けを引き下げた事で当日安値を更新、一時1.38ドルを割り込み1.3798まで下落していますがすぐに買い戻されており、結局は下落分を打ち消す形となりました。
そして注目の米9月ADP全国雇用者数ですが、-3.9万人(市場予想は+2.0万人)とかなりネガティブな数値が発表されており、ドル円は急落、ついに介入前の安値82.88を割り込み82.76まで下落しています。
前月分が−1.0万人から+1.0万人に上方修正された事で若干の買戻しが入っていますが、上値は重い様です。


ドル円の下落が気になる方に以下、ロイターからのコピペです。

[ロンドン 5日 ロイター] 日本の為替介入による円押し下げ効果は限定的となっているが、オプション市場では、ドル/円は年内はレンジ内にとどまり、15年ぶり安値の82.87円を大きく下回ることはないとみられている。
 アナリストによると、さらなる米金融緩和を見据えてドル安観測が強まるなか投資家は他の選択肢を模索しており、限定的なドル/円の動きもユーロ/ドル上昇の見方を強めている。
 
 期間1カ月でみると、リスクリバーサルは依然円高ドル安のバイアスを示している。ただ日本当局による介入以来、投資家はさらなる介入の可能性をにらみポジションを調整、このバイアスは大幅に変化している。
 ドル/円1カ月物25%デルタのリスクリバーサルは円コールがプットに対して0.9のプレミアムとなっており、介入前の1.5から縮小。投機筋が円高観測を弱めていることがうかがえる。 
 インプライド・ボラティリティ(予想変動率)も低下。ドル/円のボラティリティは介入前の13%から11%程度となっている。
  
 <さらなる介入観測> 
 
 超短期的にみれば、投資家はドル/円が15年ぶり安値を再び試す場合さらなる介入があると見込んでポジションをとっている。1週間物リスク・リバーサルは短期の円プットにややバイアスしている。トレーダーによると、市場では上値のストライクは85/86円、82円でのノックアウトがみられ、日本の当局は82円を下回る水準は許容しないとみていることがわかる。
 ただ、米連邦準備理事会(FRB)による追加金融緩和見通しを受けたドルのネガティブセンチメントは、介入の影響を限定するとみられている。
 クレディ・アグリコルのオプションアナリスト、サイモン・スモレット氏は「オプション市場は日本当局の勝ちを反映している。ただ、リスクリバーサルは3カ月後に拡大しており、市場参加者が新年により活発な展開を予想していることが示されている」と述べた。
 
 <ユーロ/ドルに資金が流入> 
 
 FRBがさらなる量的緩和に動くとの観測はドルからの資金流出を招いており、市場ではユーロや豪ドルの対ドルでの上昇を予想する声が強まっている。一部のアナリストによると、これはドル/円が比較的静かな展開になるとの見方を反映したもの。
 米商品先物取引委員会(CFTC)によると、9月28日までの週のユーロの買い越しは前週比の7倍近くに増加、豪ドルの買い越しも増加した。
 クレディ・アグリコルのスモレット氏は「ドル/円オプションへの圧力が強まれば、ユーロ/ドル、豪ドル/米ドルの買いが増える。直接的ではないが関連はある」と述べた。
 

本日のトレードポイント

まずは保有中のポジションから。
前日にも記事にしましたが、去年の年末から続いていたユーロドルの下落が3月頃の一旦落ち着き、3月17日に戻り高値としてつけた1.3817の突破でのロングとなっています。
かなりの重要ポイントと言う事で粘ってホールドしてみましたが、その後の動きで下押ししてしまい結局同値撤退となってしましました。
1.3850で上髭を残して反転した所で欲張らず利益確定が正解だったようです。
まあ結果論ですので、これは仕方ないですね。

さて本日のトレードですが、今日もユーロドルです。
2回トレードしてますが、1つに収まったので少し見にくいですが5分足です。

1006eurusd5

ものすごい乱高下ですね。
当日高値更新後に安値更新、そして再度高値更新となっています。
2本のラインを引いていますが、上のラインは前日深夜に27時、そして本日朝8時につけた東京タイム高値1.3858、下の方のラインは11時につけた東京タイム安値1.3821です。
白○の部分でロング、ショートでのエントリーとなっています。
1回目のトレードはトレンドは発生しているのですが、値動きのブレが大きくすぐにストップを取らています。
2回目のショートは大きな下落につながるかと思いきや、20PIPSにも及ぶ大きな下髭をつけてきたと言う事で一旦撤退しています。
ちょっと今日はおかしな動きですね。
少し振り回されてしまいました。
ですがこれも相場ですので受け入れるしかないです。


本日のトレード結果

EURUSD L 1.3822 → 1.3822 +-0PIPS (前日分)
EURUSD L 1.3862 → 1.3839 -23PIPS
EURUSD S 1.3818 → 1.3822 -4PIPS


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット