FC2ブログ
2010 / 10
≪ 2010 / 09 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - - 2010 / 11 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

10月3日より豪州は冬時間終了で夏時間に移行

10/4(月) 〔予想〕 (前回)

中国市場休場(国慶節、1−7日)
シドニー市場休場(レイバーデー)
日銀金融政策決定会合(−5日)
アジア欧州会議(ASEM)首脳会合(4−5日、於;ブリュッセル)
米3、6カ月TB定例入札(580億ドル)

17:00 ファンロンパイEU大統領、レーン欧州委員、講演
17:30 コスタ・ポルトガル中銀総裁、講演
17:30 英9月建設業PMI 〔51.8〕 (52.1)
18:00 ユーロ圏8月生産者物価指数(前年比) 〔+3.7%〕 (+4.0%)
23:00 米8月製造業受注 〔-0.4%〕 (+0.1%)
23:00 米8月中古住宅販売保留件数指数 〔+2.1%〕 (+5.2%)
翌0:30 サック米NY連銀執行副総裁・金融市場担当、講演
翌4:00 バーナンキFRB議長、講演


10/5(火) 〔予想〕 (前回)

中国市場休場(国慶節、1−7日)
日銀金融政策決定会合結果公表 〔0.10%で据え置き〕 (0.10%で据え置き)
アジア欧州会議(ASEM)首脳会合(4−5日、於;ブリュッセル)
英インフレ連動債入札(9.25億ポンド)

08:30 バーナンキFRB議長、講演
09:30 豪8月貿易収支 〔23億豪ドルの黒字〕 (18.88億豪ドルの黒字)
09:30 豪8月小売売上高 〔+0.4%〕 (+0.7%)
12:30 豪準備銀行(RBA)政策金利発表 〔25bpの利上げで4.75%に〕 (4.50%で据え置き)
15:30 白川日銀総裁、記者会見
16:15 スイス9月消費者物価指数(前年比) 〔+0.3%〕 (+0.3%)
16:55 独9月サービス業PMI・確報値 〔54.6〕 (54.6)
17:00 ユーロ圏9月総合PMI・確報値 〔−〕 (53.8)
17:00 ユーロ圏9月サービス業PMI・確報値 〔53.6〕 (53.6)
17:30 英9月サービス業PMI 〔51.2〕 (51.3)
18:00 ユーロ圏8月小売売上高 〔+0.2%〕 (+0.1%)
23:00 米9月ISM非製造業景況指数 〔52.0〕 (51.5)


10/6(水) 〔予想〕 (前回)

中国市場休場(国慶節、1−7日)
英金融政策委員会(MPC、−7日)

14:00 10月日銀金融経済月報、公表
15:55 バローゾ欧州委員長、温家宝・中国首相、会見
18:00 ユーロ圏4−6月期GDP・確報値(前期比) 〔+1.0%〕 (+1.0%)
18:00 ユーロ圏4−6月期GDP・確報値(前年比) 〔+1.9%〕 (+1.9%)
19:00 独8月製造業受注 〔+1.0%〕 (-2.2%)
20:00 米MBA住宅ローン申請指数(前週比) 〔−〕 (-0.8%)
20:30 米9月チャレンジャー人員削減予定数(前年比) 〔−〕 (-54.5%)
21:15 米9月ADP全国雇用者数 〔+2.0万人〕 (-1.0万人)
23:00 加9月Ivey購買部景況指数 〔62.0〕 (65.9)
23:30 米週間原油在庫(前週比) 〔−〕 (-47.5万バレル)
翌5:00 ボルカー米大統領経済回復諮問委員長、講演


10/7(木) 〔予想〕 (前回)

中国市場休場(国慶節、1−7日)

08:50 対外及び対内証券売買契約等の状況(指定報告機関ベ−ス)
09:30 豪9月就業者数 〔+2万人〕 (+3万900人)
09:30 豪9月失業率 〔5.1%〕 (5.1%)
12:45 10年国債入札(2兆2000億円)
15:00 9月工作機械受注(前年比) 〔−〕 (+170.0%)
17:30 英8月鉱工業生産 〔+0.3%〕 (+0.3%)
17:30 英8月製造業生産 〔+0.1%〕 (+0.3%)
19:00 独8月鉱工業生産 〔+0.5%〕 (+0.1%)
20:00 BOE資産購入枠 〔2000億ポンドで据え置き〕 (2000億ポンドで据え置き)
20:00 イングランド銀行英金融政策委員会(MPC)、政策金利発表 〔0.50%で据え置き〕 (0.50%で据え置き)
20:45 欧州中央銀行(ECB)理事会、政策金利発表 〔1.00%で据え置き〕 (1.00%で据え置き)
21:30 トリシェECB総裁、記者会見
21:30 米新規失業保険申請件数 〔45.5万件〕 (45.3万件)
21:30 加8月建設許可 〔-2.0%〕 (-3.3%)
翌2:20 フィッシャー米ダラス連銀総裁、講演
翌2:30 ホーニグ米カンザスシティ連銀総裁、講演
翌4:00 米8月消費者信用残高 〔-30億ドル〕 (-36億ドル)


10/8(金) 〔予想〕 (前回)

IMF・世界銀行年次会合(於;ワシントン、−10日)
G7財務相・中央銀行総裁会議(於;ワシントン、非公式会合)

08:50 8月国際収支−経常収支 〔1兆246億円の黒字〕 (1兆6759億円の黒字)
08:50 8月国際収支−貿易収支 〔2390億円の黒字〕 (9161億円の黒字)
08:50 日銀金融決定会合議事要旨(8月30日、9月6−7日分)
11:30 バッテリーノ豪準備銀行(RBA)副総裁、講演
14:00 9月景気ウォッチャー調査・現状判断DI 〔44.5〕 (45.1)
14:00 9月景気ウォッチャー調査・先行き判断DI 〔−〕 (40.0)
14:45 スイス9月失業率(季調前) 〔3.6%〕 (3.6%)
17:30 英9月生産者物価指数(前年比) 〔+4.3%〕 (+4.7%)
20:00 加9月就業者数 〔+1万人〕 (+3万5800人)
20:00 加9月失業率 〔8.0%〕 (8.1%)
21:15 加9月住宅着工件数 〔17.95万件〕 (18.33万件)
21:30 米9月非農業部門雇用者数 〔+0.5万人〕 (-5.4万人)
21:30 米9月失業率 〔9.7%〕 (9.6%)
21:30 米9月民間部門雇用者数 〔+7.5万人〕 (+6.7万人)
23:00 米8月卸売在庫 〔+0.6%〕 (+1.3%)
翌3:25 タルーロFRB理事、講演


10/9(土)

IMF・世界銀行年次会合(於;ワシントン、8−10日)


10/10(日)

IMF・世界銀行年次会合(於;ワシントン、8−10日)
21:45 ダドリー米NY連銀総裁、講演


テクニカル分析:豪ドル円

今日はおまけ程度、簡単にですが日足をみてましょう。

1003audjpyhi

フラッグが出現してます。
フラッグは基本的にはトレンドの休止を表していますが、以前形成されていたトレンドが再開されやすいものとされています。
今回はフラッグ形成後に上方ブレイクと言う事で、大きな上昇トレンドの継続を示唆しています。
ただ今回の大きな上昇は日銀による円売り介入がきっかけだったと言う事と、先週末記事にしたかと思いますが、豪ドルドルの方にかなり大きなレジスタンスが迫ってきていると言う事で、あまり無理してポジションを建てる必要はないかもしれませんね。


週明け月曜は窓埋めトレードの日です。
こじろうさんブログの本日の記事では私の予想を見る事ができます。
気になる人はこじろうさんのブログへ→無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?
窓埋めトレード仲間も募集中らしいです。
今なら役職も選べます。

窓埋めトレードするなら午前4時から取引できるサクソバンクFXがお勧めです。

サクソバンクFX

1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

スポンサーサイト

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

今週も先週に引き続きドル全面安の一週間でした。
ドル円は再び介入警戒水準、ユーロドルは1.40ドルに迫る勢いです。
そもそも今回のドル安は先月のFOMCでの「必要であれば追加緩和策を提供」との声明文をきっかけに始まっていますが、マーケットのテーマは既に追加緩和策が出る出ないではなく、その発表の時期に移っています。
ドル金利やドル円、ユーロドル等、ドルインデックスの方も完全に織り込んだ水準となってますから、そろそろ材料出尽くしからドル買いの動きが出始めるかも知れません。
ただ、反転のタイミングを探してドルを買うよりは、今は順張りで素直にドルを売る方が明らかにリスクが低いですので、ドルを買いたい人は我慢の時でしょうね。


テクニカル分析:ユーロドル

日足です。

1002eurusdhi

9月10日の押し目、1.2587を最後にかなり一方的な動きとなっていますね。
先々週に記事にしましたが、逆ヘッドアンドショルダーの完成後(オレンジ○)、メジャードオブジェクティブターゲット到達と共にリバーサルハイデーの出現(赤○)で目先調整の動きとなると思いきや、結局はすぐに反転、そのまま急上昇となっています。
今回新たに上昇トレンドラインを引いてみましたが、かなり急な角度の上昇にもにも関わらずその勢いは衰えてませんね。
今ユーロドルを買い増ししている方の多くはこのトレンドラインを意識しているはずですから、とにかくこれを割り込むまではでしょうか。
上昇もここまで進んでしまうと、N計算値から導きだされるターゲットが1.4040付近と言う事で、この辺りまでの上昇の可能性は十分にあると思います。

9月28日に商品先物取引委員会(CFTC)が発表したシカゴIMM先物市場でのユーロのポジションは35330枚のネットロング。
去年の年末から始まったギリシャショックによるユーロ売りで、今年の6月には一時10万枚を越えるネットショートとなっていましたから、現在はかなりポジションも偏ってきていると思います。
偏ったポジションはそのうち必ず調整が入ります。
前回は6月からの急上昇後に上昇トレンドラインを割り込む(白○)ことで大きな調整が入っていますから、今回も急落には気をつけたいですね。


週明け月曜は窓埋めトレードの日です。
こじろうさんブログの日曜の記事では私の予想を見る事ができます。
気になる人はこじろうさんのブログへ→無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?
窓埋めトレード仲間も募集中らしいです。
今なら役職も選べます。

窓埋めトレードするなら午前4時から取引できるサクソバンクFXがお勧めです。

サクソバンクFX


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット