FC2ブログ
2010 / 09
≪ 2010 / 08 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2010 / 10 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

9/20(月) 〔予想〕 (前回)

東京市場休場(敬老の日)
米3、6カ月TB定例入札(580億ドル)

08:01 英9月ライトムーブ住宅価格指数 〔−〕 (-1.7%)
12:30 スティーブンス豪準備銀行(RBA)総裁、講演
17:00 トリシェECB総裁、講演
17:30 ホノハン・アイルランド中銀総裁、講演
17:30 英8月マネーサプライM4(前年比) 〔−〕 (+2.3%)
20:25 トリシェECB総裁、講演
21:30 加7月国際証券取引高 〔+80.00億加ドル〕 (+53.89億加ドル)
21:30 加7月卸売売上高 〔+0.5%〕 (-0.3%)
23:00 米9月NAHB住宅市場指数 〔14〕 (13)
翌1:30 シュタインブリュック独財務相、講演


9/21(火) 〔予想〕 (前回)

フラハティ加財務相、講演

10:30 豪準備銀行(RBA)金融政策決定理事会議事録、公表(9月7日開催分)
15:00 8月工作機械受注・確報値(前年比) 〔−〕 (+170.0%)
17:30 英8月財政収支(PSNB) 〔−〕 (32億ポンドの赤字)
20:00 加8月消費者物価指数(前年比) 〔+1.8%〕 (+1.8%)
20:00 加8月消費者物価指数コア(前年比) 〔+1.7%〕 (+1.6%)
21:30 米8月住宅着工件数 〔55.0万件〕 (54.6万件)
21:30 米8月建設許可件数 〔56.0万件〕 (55.9万件)
翌3:15 米連邦公開市場委員会(FOMC)結果公表 〔目標レンジ0.00−0.25%に据え置き〕 (目標レンジ0.00−0.25%に据え置き)


9/22(水) 〔予想〕 (前回)

中国市場休場(中秋節、22−24日)
独国債入札(60億ユーロ)

07:45 NZ4−6月期経常収支(対GDP比) 〔−〕 (2.4%の赤字)
10:30 宮尾日銀審議委員、講演(要旨公表は11:10頃)
16:00 マーカス南ア準備銀行総裁、講演
16:00 南ア4−6月期経常収支(対GDP比) 〔3.3%の赤字〕 (4.6%の赤字)
17:30 イングランド銀行MPC議事録を公表(9月8−9日分)
18:00 ユーロ圏7月鉱工業新規受注 〔-2.0%〕 (+2.5%)
18:00 アイスランド中央銀行、政策金利公表 〔−〕 (100bpの引き下げで7.00%に)
18:30 南ア7月実質小売売上高(前年比) 〔+7.7%〕 (+7.4%)
20:00 米MBA住宅ローン申請指数(前週比) 〔−〕 (-8.9%)
21:00 ノルゲバンク(ノルウェー中銀)政策金利発表 〔2.00%で据え置き〕 (2.00%で据え置き)
21:30 加8月景気先行指数 〔−〕 (+0.4%)
21:30 加7月小売売上高 〔+0.5%〕 (+0.1%)
21:30 加7月小売売上高(除自動車) 〔+0.5%〕 (-0.5%)
23:00 ユーロ圏9月消費者信頼感・速報値 〔-11〕 (-11)
23:00 米7月住宅価格指数 〔-0.1%〕 (-0.3%)
23:30 米週間原油在庫(前週比) 〔−〕 (-248.9万バレル)


9/23(木) 〔予想〕 (前回)

東京市場休場(秋分の日)
中国市場休場(中秋節、22−24日)
香港市場休場(中秋節の振替)
日米首脳会談(於NY)

07:45 NZ4−6月期GDP(前期比) 〔−〕 (+0.6%)
07:45 NZ4−6月期GDP(前年比) 〔−〕 (+1.9%)
16:30 独9月製造業PMI・速報値 〔57.7〕 (58.2)
16:30 独9月サービス業PMI・速報値 〔57.3〕 (57.2)
17:00 ユーロ圏9月総合PMI・速報値 〔55.7〕 (56.2)
17:00 ユーロ圏9月製造業PMI・速報値 〔54.7〕 (55.1)
17:00 ユーロ圏9月サービス業PMI・速報値 〔55.4〕 (55.9)
20:00 チェコ国立銀行、政策金利発表 〔0.75%で据え置き〕 (0.75%で据え置き)
21:30 ガイトナー米財務長官、講演
21:30 米新規失業保険申請件数 〔45.0万件〕 (45.0万件)
23:00 米8月中古住宅販売件数 〔410万件〕 (383万件)
23:00 米8月景気先行指数 〔+0.1%〕 (+0.1%)
23:40 エバンズ米シカゴ連銀総裁、講演
翌2:00 ボルカー元FRB議長、講演


9/24(金) 〔予想〕 (前回)

中国市場休場(中秋節、22−24日)
南ア市場休場(文化遺産記念日)

14:30 仏4−6月期GDP・確報値(前期比) 〔−〕 (+0.6%)
14:30 仏4−6月期GDP・確報値(前年比) 〔−〕 (+1.7%)
17:00 独9月Ifo景況感指数 〔106.2〕 (106.7)
17:00 独9月Ifo現況指数 〔108.6〕 (108.2)
17:00 独9月Ifo景気期待指数 〔103.6〕 (105.2)
17:30 バーナンキFRB議長、講演
21:30 米8月耐久財受注 〔-1.0%〕 (+0.4%)
21:30 米8月耐久財受注(除輸送用機器) 〔+0.8%〕 (-3.7%)
22:15 カミングNY連銀副総裁、講演
23:00 米8月新築住宅販売件数 〔29.5万件〕 (27.6万件)
23:00 メキシコ銀行(中銀)、政策金利公表 〔4.50%に据え置き〕 (4.50%に据え置き)
翌2:00 ラッカー米リッチモンド連銀総裁、「経済見通し」について講演


9/26(日) 〔予想〕 (前回)

12:50 白川日銀総裁、講演


テクニカル分析:ユーロドル

今日は簡単にですが日足を見てみましょう。

0919eurusdhi

以前解説したラインはそのままです。
気になる人は過去記事を参照ください。
今回はオレンジで大体のラインを引いておきましたが、逆ヘッドアンドショルダーの完成後、メジャードオブジェクティブターゲットを達成しています。
ネックラインも引いておきましたが、ショルダーのトップ(ボトム)からネックラインまでの値幅分動いているのがわかるかと思います。
そして週末金曜日の動きでは前日の高値更新後、前日の終値よりも下げてクローズとリバーサルハイデーが出現しています。
この一週間で急上昇してますし、ターゲット達成後の反転サイン(赤○)ですので目先は調整の売りとなりそうな感じです。
しかし今週は週明け火曜日にFOMCが控えてますので、それまでは中長期的にポジションは仕掛けづらいかもしれないですね。


週明け月曜は窓埋めトレードの日です。
こじろうさんブログの本日の記事では私の予想を見る事ができます。
気になる人はこじろうさんのブログへ→無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?
窓埋めトレード仲間も募集中らしいです。
今なら役職も選べます。

窓埋めトレードするなら午前4時から取引できるサクソバンクFXがお勧めです。

サクソバンクFX

1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

スポンサーサイト



記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

今週は波乱の一週間でしたね。
ドル円相場は週明けからじりじりと安値を更新すると15年ぶりの安値82.88を記録しましたが、6年半ぶりに為替介入が行われたという事で買戻しが急速に進み、85.84で週末NY市場をクローズとなっています。
円売りドル買い介入という事で、ドル円相場においてはドルが大きく買われる形となりましたが、ドルストレートでは週明けから始まっていたドル売りの流れが継続している為、特にクロス円は急上昇していますね。
週明けからの動きですが、21日に27時15分に米連邦公開市場委員会(FOMC)が控えていると言う事で、それまでは様子見相場が続きそうです。
政策金利は前回同様据え置き予想。
そして毎度の事ですが、低金利を長期に渡って維持、これに変更があるかに注目は集まります。
前回は前々回同様、ホーニグ・カンザスシティ地区連銀総裁の反対票が1票のみとなっていましたが、ウオルシュFRB理事・デュークFRB理事は一時保留し、最終的には投票時に賛成票にしたとの事で少しずつ変化が現れているとは思います。


テクニカル分析:ドル円

日足です。

0917usdjpyhi

ついに大きな動きに変化が現れました。
介入したのですから当然ですね。
6月から続いていた下落トレンドラインも明確に突破(赤○)、7月以降一度も終値で突破できなかった25日線も明確に突破しています。
介入後の動きではこれといった押しも無く推移してましたので、週末NY市場ではポジション調整から85円台前半位までは下げると思ってましたが、そのまま高値圏でクローズとなっていますね。
介入は1度だけではないとの発言もありますし、それだけ売り込みづらいと言う事でしょう。
週明けからの動きですが、重要になってくるのはやはり86円台乗せですかね。
前回日銀による追加緩和策期待で急上昇したレートが85.89ですが、週末には85.91とわずかに高値を更新となっています。
介入効果は一時的との見方も多く、心理的節目86円を突破してくるまでは戻り売りで望むという人も多いと思います。
現在でも83円台や84円台での安値売りポジションで含み損を抱えている人も沢山いるはずですから、86円越えからは断続的にストップ買いが並んでいると思います。
FOMCを迎えるまでは仕掛け的な動きはないかもしれませんが、なにかをきっかけに急上昇も考えられますので、上手く波に乗りたいですね。
86円台に乗せる場面ではチャンスがあれば短期で買っていこうかと思っています。


週明け月曜は窓埋めトレードの日です。
こじろうさんブログの明日の記事では私の予想を見る事ができます。
気になる人はこじろうさんのブログへ→無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?
窓埋めトレード仲間も募集中らしいです。
今なら役職も選べます。

窓埋めトレードするなら午前4時から取引できるサクソバンクFXがお勧めです。

サクソバンクFX


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット