FC2ブログ
2010 / 09
≪ 2010 / 08 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2010 / 10 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

本日は早朝の動きになりますが、NZ4-6月期GDPが前期比+0.2%と、市場予想の+0.7%より大きく弱い結果となった事を受け、NZドルが大きく下落しています。
東京タイムでは大きな材料も無く、FOMCでのドル売りの流れも落ち着いた事で各通貨小動きとなっていました。
その後欧州タイムではドルストレートメインでドル買いが優勢となっています。
FOMCから急上昇したユーロドルにはポジション調整の動きに、独9月製造業PMI・速報値が55.3と、市場予想の57.6より弱い結果となった事や、更にはアイルランド、ポルトガル等、PIIGS-独債利回りが過去最大まで拡大した事が影響したようです。
NYタイムでは予想より弱い米新規失業保険申請件数でドル売りで反応したものの、その後はじりじりと売られると、先程発表となった米8月中古住宅販売件数や、米8月景気先行指数が強い結果となった事で再びドル買いとなっており、ユーロドルは1.3304までの当日安値を更新、ドル円は84.50まで上昇しています。


本日のトレードポイント

ドル円の方はFOMCの結果を受けドル売りの流れが継続しているものの、再び84円割れが迫ってきたと言う事で介入警戒感から下げ渋ってますね。
どんどん売り込んでいくと言う感じでもなく、狭いレンジでの推移ですので無理にトレードしなくてもいいとは思います。
と言う訳で今日はユーロドルです。

0923eurusd60

今日は大きな流れと言う事で1時間足です。
FOMCの結果を受けて急上昇後(オレンジ○)、本日は早朝から小動きが続いていましたが、欧州勢の参戦でようやく基準線(SMA25)を下回ってきました。
上の方のラインになりますが、本日朝8時につけた1.3382、そして13時につけた安値が1.3386ですので、この辺りのレートを欧州勢参戦で割り込むと同時に基準線を下回ってきた所(白○)でショートでエントリーしています。
当日安値の更新、そして1時間足が売り転換と言う事で、売り場を探していた人には絶好のチャンスだったと思います。
最初のポイントを逃してしまった方も前日NYタイムで下げ止まった1.3352(下の方のライン)も割り込んでますから、十分のチャンスはあったかと思います。
利益確定は赤○、いつもと違って1時間足なので分かりづらいと思いますが、19時半に5分足で大きな下髭が出現したと言う事で決済しています。
気になる方は5分足の方をご確認ください。
今後の動きですが、このまま売り優勢で1.33ドルを割り込むのか、再度買い優勢で1.34ドル台に乗せられるかですね。
あまり動きを先読みしてポジションを建ててもリスクばかり背負いますから、動き出した所をやはり狙いたいですね。


本日のトレード結果

EURUSD S 1.3378 → 1.3330 +48PIPS


にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

まずは前日深夜に発表となったFOMCからになりますが、政策金利は据え置き、低金利政策を長期に渡って維持とこちらの文言に変更はありませんでしたが、インフレは物価安定と一致する水準を下回る、必要であれば追加緩和策を提供との声明文に反応しドル売りとなっています。
追加緩和策期待からの米債買い、ドル金利低下、ドル売りといつもの流れですね。
ドル円はついに85円を割り込むと、東京タイムでもその流れを引き継ぎ84.78まで下落しました。
ドル売りの流れは特にユーロドルがメインとなっており、8月6日の高値1.3333を突破すると本日は東京勢、欧州勢、そしてNY勢参戦でも流れは止まらず、次々とストップを巻き込むと1.3439までの上昇となっています。
ファンロンパイEU大統領による「ユーロ圏の経済は予想を上回るペースで回復している」との発言や、ムーディーズが仏銀行の格付け見通しを引き上げた事も好感されたようです。
ドル円もユーロドルでのドル売りに引きづられじりじりと安値を更新、現在NYタイムでは84.27までの下落となっています。

本日発表の政策金利ですが、アイスランド中銀は0.75%引き下げ6.25%にする事を決定しています。


本日のトレードポイント

小動きが続いていたドル円もユーロドルもついに動き出しましたね。
必要であれば追加緩和策を提供との声明文に反応しユーロドルは大きく上昇しましたが、これについては以前から言われていた事で、個人的には今更ドル売りで反応するような事ではないと思っています。
ユーロドルを上昇させたい投機筋が買う理由にしたとしか思えませんね。
FOMCの声明文発表後には前日にも記事にしましたが、重要ポイント1.3158を突破してきましたので買いしかなかったかと思います。
逆にドル円は85.21割れでの売りしかなかったですね。
FOMCは比較的乱高下が多いですので、超短期的なトレードがメインの私は予定通り見送りとしました。

さて本日のトレードですが、今日はユーロドルです。

0922eurusd5

朝起きたら既に大きく上昇していましたが、夕方頃の動きになりますね。
欧州勢参戦で再度買い優勢となり、8月6日の高値1.3333を突破して来た所(白○)でロングで入っています。
6月から始まった本格的な上昇トレンドで最後につけた日足での高値と言う事で注目度は非常に高かったと思います。
ここを突破してくると日足では次のレジスタンスが1.3691ですので、何処まで上げるか分からないと言う事で戻り売りで望んでいた方には恐怖の相場となっています。
ここは売り持ちしていた方は一旦ロスカットしかなかったと思います。
大きな利益が望めるポイントと言う事で粘って見ましたが、1.3400を手前に失速してしまいましたので、あまりリスクはとらずいつも通りSMA25を下回ってきた所(赤○)で利益確定しています。
その後は結局1.3400も突破し大きく上昇したようです。

正直ユーロ買いが行き過ぎてますね。
皆が買うので買うしかない見たいな感じになってますが、個人的にはユーロがここまで買われる理由はないと思っています。
ドルを売る理由はあると思いますが、ドル円は介入警戒感からあまり売りたくないと言う事で、しかたなくユーロドルでドルを売りという感じなんでしょうかね。
結局はファンダメンタルズやらなんやら考えてもしかたありませんので、とにかくチャートに従うしかないですね。


本日のトレード結果

EURUSD L 1.3338 → 1.3368 +30PIPS


今日も遅くまで飲んでました。
更新が遅れて申し訳ありません。


にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

本日は東京タイムからドル円はじり安推移。
FOMCを控え前日からかなり狭いレンジでの動きが続いていましたが、痺れを切らしたのか仕掛け的な売りにより前日のサポートを割りこむとそのまま85.27まで下落しました。
一方ユーロドルは堅調推移、FOMCでの追加緩和策観測によるドル売りに加え、アイルランド国債の入札も良好だった為か買い優勢となっています。
先程発表となった米8月住宅着工件数は59.8万件と、市場予想の55.0万件より強い結果となった事を受け一時的にドル買いで反応しましたが、すぐに発表前の水準に押し戻されていますね。
現在では完全にFOMC待ちとなっています。

とにかくこの後日本時間深夜に発表予定となっているFOMCですね。
追加緩和策を織り込んでのドル売りとなっていますので、これが期待はずれとなるとドル買戻しも考えられます。
ドル円は介入での急上昇後、一旦押して来て下げ止まったレートが85.21、ユーロドルは先週末高値が1.3158とそれぞれ重要ポイントに差し掛かってますので、これを突破してくるかに注目しています。
FOMCでは次々と発表される声明文にいちいち反応しますので、いつも通り乱高下が予想されます。
トレードする方は十分にお気をつけください。
私は様子見の予定です。


本日のトレードポイント

今日はユーロドル、ドル円共にチャンスがありましたが結局様子見、ノートレードでした。
ユーロドルは夕方からの動きで前日高値を突破してきた所ですね。
ドル円は逆に前日安値を割り込んで来た所です。
一応ドル円のチャートを載せておきます。

0921usdjpy5

1本のラインを引いておきましたが、前日16時に下げ止まった安値85.51です。
直近の動きを見ても分かると思いますが、今日は昼の12時頃から急に前日安値付近で動きが鈍っていますね。
そして東京市場クローズ後、このラインを割り込んで来た所(白○)がいつものトレードポイントになります。
本来なら攻めるべきポイントですが、介入後動きが落ちついた後の最初の下押し、更にはFOMC前と言う事で一応見送りました。
まだ介入警戒感も漂っており、あまりショートで入りたくない場面ですので、仮にショートで入るとしてもスキャルっぽくすぐに利確するのがいいかと思います。
結局はストップを巻き込み85.27までの下落となっていますが、16日の12時頃の動きですね、介入後の最初に下押した水準が85.21ですので、これを目前に反発した形になっています。
これを確認してからの利益確定(最初の赤○)がベストでしたが、そこまではなかなか上手くいかないと思いますので、仮にエントリーしていたとしてもいつも通り基準線の突破(2個目の赤○)で薄利だったと思います。
FOMCを控え様子見ムードですので、大きな利益は望めませんが流石順張りですね、逆張りと比べても遥かにリスクは小さいと思います。


本日のトレード結果

無し


にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

本日は敬老の日、東京市場が休場となっています。
明日日本時間深夜にFOMCを控えている事もあり小動きが予想されていましたが、スティーブンスRBA総裁が「今後行うのは景気上振れへの対処となろう」と発言した他、「2011年はトレンドを上回る経済に」、「さらなるインフレ率の落ち込みはないだろう」等、利上げを示唆するような発言があった事により豪ドルが上昇しています。
ドル円が動かない為、豪ドルドルを含めドルストレートでのドル売りが進みました。
資源国通貨の上昇に伴い金も大きく上昇、1280ドルを突破と史上最高値を更新しています。
ユーロドルも先週末高値に迫る勢いでしたが、アイルランド国債のスプレッドが過去最高を記録した事や、レーン欧州委員の「短期的な成長見通しも不確かさがある」、「ユーロ圏の金融システムはぜい弱」との発言をきっかけに流れは一転、当日安値を下抜け1.3028まで下落しました。
現在NY市場では大きく下落したユーロドルもやや買い戻されており、落ち着いた動きとなっています。


本日のトレードポイント

週明け相場はいつも閑散としていますが、東京市場も休場、更に明日にはFOMCも控えてます。
流石に動きそうもないと言う事で、今日はノートレードの予定で出掛けておりました。
チャートもほとんど見ていません。
今チャートを見返していますが、ドル円は全くと言っていい程動いてないですね。
ユーロドルも多少は上下するものの、レンジ内での推移となっています。
完全にノーチャンスです。
レンジと決めつけて逆張りトレードとかもありなのかも知れませんが、動かない保障もありませんので普段の順張りトレードよりはリスクは高いですね。
結果的にはレンジでしたので、レンジディールに慣れている人には稼げる相場だったのかも知れません。
と言う訳で今日はノートレードです。


本日のトレード結果

無し


今日はこんなですいません。


にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

9/20(月) 〔予想〕 (前回)

東京市場休場(敬老の日)
米3、6カ月TB定例入札(580億ドル)

08:01 英9月ライトムーブ住宅価格指数 〔−〕 (-1.7%)
12:30 スティーブンス豪準備銀行(RBA)総裁、講演
17:00 トリシェECB総裁、講演
17:30 ホノハン・アイルランド中銀総裁、講演
17:30 英8月マネーサプライM4(前年比) 〔−〕 (+2.3%)
20:25 トリシェECB総裁、講演
21:30 加7月国際証券取引高 〔+80.00億加ドル〕 (+53.89億加ドル)
21:30 加7月卸売売上高 〔+0.5%〕 (-0.3%)
23:00 米9月NAHB住宅市場指数 〔14〕 (13)
翌1:30 シュタインブリュック独財務相、講演


9/21(火) 〔予想〕 (前回)

フラハティ加財務相、講演

10:30 豪準備銀行(RBA)金融政策決定理事会議事録、公表(9月7日開催分)
15:00 8月工作機械受注・確報値(前年比) 〔−〕 (+170.0%)
17:30 英8月財政収支(PSNB) 〔−〕 (32億ポンドの赤字)
20:00 加8月消費者物価指数(前年比) 〔+1.8%〕 (+1.8%)
20:00 加8月消費者物価指数コア(前年比) 〔+1.7%〕 (+1.6%)
21:30 米8月住宅着工件数 〔55.0万件〕 (54.6万件)
21:30 米8月建設許可件数 〔56.0万件〕 (55.9万件)
翌3:15 米連邦公開市場委員会(FOMC)結果公表 〔目標レンジ0.00−0.25%に据え置き〕 (目標レンジ0.00−0.25%に据え置き)


9/22(水) 〔予想〕 (前回)

中国市場休場(中秋節、22−24日)
独国債入札(60億ユーロ)

07:45 NZ4−6月期経常収支(対GDP比) 〔−〕 (2.4%の赤字)
10:30 宮尾日銀審議委員、講演(要旨公表は11:10頃)
16:00 マーカス南ア準備銀行総裁、講演
16:00 南ア4−6月期経常収支(対GDP比) 〔3.3%の赤字〕 (4.6%の赤字)
17:30 イングランド銀行MPC議事録を公表(9月8−9日分)
18:00 ユーロ圏7月鉱工業新規受注 〔-2.0%〕 (+2.5%)
18:00 アイスランド中央銀行、政策金利公表 〔−〕 (100bpの引き下げで7.00%に)
18:30 南ア7月実質小売売上高(前年比) 〔+7.7%〕 (+7.4%)
20:00 米MBA住宅ローン申請指数(前週比) 〔−〕 (-8.9%)
21:00 ノルゲバンク(ノルウェー中銀)政策金利発表 〔2.00%で据え置き〕 (2.00%で据え置き)
21:30 加8月景気先行指数 〔−〕 (+0.4%)
21:30 加7月小売売上高 〔+0.5%〕 (+0.1%)
21:30 加7月小売売上高(除自動車) 〔+0.5%〕 (-0.5%)
23:00 ユーロ圏9月消費者信頼感・速報値 〔-11〕 (-11)
23:00 米7月住宅価格指数 〔-0.1%〕 (-0.3%)
23:30 米週間原油在庫(前週比) 〔−〕 (-248.9万バレル)


9/23(木) 〔予想〕 (前回)

東京市場休場(秋分の日)
中国市場休場(中秋節、22−24日)
香港市場休場(中秋節の振替)
日米首脳会談(於NY)

07:45 NZ4−6月期GDP(前期比) 〔−〕 (+0.6%)
07:45 NZ4−6月期GDP(前年比) 〔−〕 (+1.9%)
16:30 独9月製造業PMI・速報値 〔57.7〕 (58.2)
16:30 独9月サービス業PMI・速報値 〔57.3〕 (57.2)
17:00 ユーロ圏9月総合PMI・速報値 〔55.7〕 (56.2)
17:00 ユーロ圏9月製造業PMI・速報値 〔54.7〕 (55.1)
17:00 ユーロ圏9月サービス業PMI・速報値 〔55.4〕 (55.9)
20:00 チェコ国立銀行、政策金利発表 〔0.75%で据え置き〕 (0.75%で据え置き)
21:30 ガイトナー米財務長官、講演
21:30 米新規失業保険申請件数 〔45.0万件〕 (45.0万件)
23:00 米8月中古住宅販売件数 〔410万件〕 (383万件)
23:00 米8月景気先行指数 〔+0.1%〕 (+0.1%)
23:40 エバンズ米シカゴ連銀総裁、講演
翌2:00 ボルカー元FRB議長、講演


9/24(金) 〔予想〕 (前回)

中国市場休場(中秋節、22−24日)
南ア市場休場(文化遺産記念日)

14:30 仏4−6月期GDP・確報値(前期比) 〔−〕 (+0.6%)
14:30 仏4−6月期GDP・確報値(前年比) 〔−〕 (+1.7%)
17:00 独9月Ifo景況感指数 〔106.2〕 (106.7)
17:00 独9月Ifo現況指数 〔108.6〕 (108.2)
17:00 独9月Ifo景気期待指数 〔103.6〕 (105.2)
17:30 バーナンキFRB議長、講演
21:30 米8月耐久財受注 〔-1.0%〕 (+0.4%)
21:30 米8月耐久財受注(除輸送用機器) 〔+0.8%〕 (-3.7%)
22:15 カミングNY連銀副総裁、講演
23:00 米8月新築住宅販売件数 〔29.5万件〕 (27.6万件)
23:00 メキシコ銀行(中銀)、政策金利公表 〔4.50%に据え置き〕 (4.50%に据え置き)
翌2:00 ラッカー米リッチモンド連銀総裁、「経済見通し」について講演


9/26(日) 〔予想〕 (前回)

12:50 白川日銀総裁、講演


テクニカル分析:ユーロドル

今日は簡単にですが日足を見てみましょう。

0919eurusdhi

以前解説したラインはそのままです。
気になる人は過去記事を参照ください。
今回はオレンジで大体のラインを引いておきましたが、逆ヘッドアンドショルダーの完成後、メジャードオブジェクティブターゲットを達成しています。
ネックラインも引いておきましたが、ショルダーのトップ(ボトム)からネックラインまでの値幅分動いているのがわかるかと思います。
そして週末金曜日の動きでは前日の高値更新後、前日の終値よりも下げてクローズとリバーサルハイデーが出現しています。
この一週間で急上昇してますし、ターゲット達成後の反転サイン(赤○)ですので目先は調整の売りとなりそうな感じです。
しかし今週は週明け火曜日にFOMCが控えてますので、それまでは中長期的にポジションは仕掛けづらいかもしれないですね。


週明け月曜は窓埋めトレードの日です。
こじろうさんブログの本日の記事では私の予想を見る事ができます。
気になる人はこじろうさんのブログへ→無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?
窓埋めトレード仲間も募集中らしいです。
今なら役職も選べます。

窓埋めトレードするなら午前4時から取引できるサクソバンクFXがお勧めです。

サクソバンクFX

1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット