FC2ブログ
2010 / 08
≪ 2010 / 07 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2010 / 09 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

8/9(月) 〔予想〕 (前回)

日銀金融政策決定会合(−10日)
南ア市場休場(全国婦人の日)
米3、6ヵ月TB定例入札(600億ドル)

08:50 6月国際収支−経常収支 〔1兆3000億円の黒字〕 (1兆2053億円の黒字)
08:50 6月国際収支−貿易収支 〔7900億円の黒字〕 (3910億円の黒字)
08:50 7月マネーストックM3(前年比) 〔+2.2%〕 (+2.2%)
14:00 7月景気ウォッチャー調査・現状判断DI 〔48.0〕 (47.5)
14:00 7月景気ウォッチャー調査・先行き判断DI 〔−〕 (48.3)


8/10(火) 〔予想〕 (前回)

日銀金融政策決定会合結果公表 〔0.10%で据え置き〕 (0.10%で据え置き)
8月月例経済報告公表
英国債入札(17.5億ポンド)
米3年債入札(340億ドル)

08:01 英7月RICS住宅価格 〔+4%〕 (+9%)
10:30 豪7月NAB企業景況感指数 〔−〕 (+8)
10:30 豪7月NAB企業信頼感指数 〔−〕 (+4)
15:00 7月工作機械受注(前年比) 〔−〕 (+143.8%)
15:00 独7月消費者物価指数・確報値(前年比) 〔+1.1%〕 (+1.1%)
15:30 白川日銀総裁、記者会見
17:30 英6月貿易収支 〔76.5億ポンドの赤字〕 (80.62億ポンドの赤字)
21:15 加7月住宅着工件数 〔18.40万件〕 (19.28万件)
21:30 米4−6月期非農業部門労働生産性・速報値(前期比年率) 〔+0.3%〕 (+2.8%)
21:30 米4−6月期単位労働コスト・速報値(前期比年率) 〔+1.6%〕 (-1.3%)
23:00 米6月卸売在庫 〔+0.5%〕 (+0.5%)
23:00 米8月IBD/TIPP景気楽観度指数 〔−〕 (44.7)
翌3:15 米連邦公開市場委員会(FOMC)結果公表 〔目標レンジ0.00−0.25%に据え置き〕 (目標レンジ0.00−0.25%に据え置き)


8/11(水) 〔予想〕 (前回)

独国債入札(新発、70億ユーロ)
米10年債入札(240億ドル)

08:01 英7月ネーションワイド消費者信頼感 〔−〕 (63)
08:50 6月機械受注 〔+1.5%〕 (-9.1%)
09:30 豪8月ウエストパック消費者信頼感指数 〔−〕 (+11.1%)
11:00 中7月生産者物価指数(前年比) 〔+6.0%〕 (+6.4%)
11:00 中7月消費者物価指数(前年比) 〔+3.3%〕 (+2.9%)
11:00 中7月小売売上高(前年比) 〔+18.5%〕 (+18.3%)
11:00 中7月鉱工業生産(前年比) 〔+13.4%〕 (+13.7%)
11:00 中7月固定資産投資(年初来、前年比) 〔+25.3%〕 (+25.5%)
12:45 5年国債入札(2兆4000億円)
14:00 8月日銀金融経済月報、公表
17:30 英7月失業率 〔4.5%〕 (4.5%)
17:30 英7月失業者数 〔-1万8000人〕 (-2万800人)
18:30 英中銀四半期インフレ報告、公表
20:00 南ア6月製造業生産 〔−〕 (+0.3%)
20:00 米MBA住宅ローン申請指数(前週比) 〔−〕 (+1.3%)
21:00 ノルゲバンク(ノルウェー中銀)、政策金利発表 〔2.00%で据え置き〕 (2.00%で据え置き)
21:30 加6月貿易収支 〔−〕 (5億加ドルの赤字)
21:30 米6月貿易収支 〔422億ドルの赤字〕 (423億ドルの赤字)
23:30 米週間原油在庫(前週比) 〔−〕 (-278.4万バレル)
翌3:00 米7月財政収支 〔1650億ドルの赤字〕 (前年同月 1807億ドルの赤字)


8/12(木) 〔予想〕 (前回)

英国債入札(30億ポンド)
米30年債入札(160億ドル)

07:30 NZ7月企業景況感(PMI) 〔−〕 (56.2)
08:50 対外及び対内証券売買契約等の状況(指定報告機関ベ−ス)
10:00 韓国銀行(中銀)、政策金利発表 〔25bpの利上げで2.50%に〕 (25bpの利上げで2.25%に)
10:30 豪7月就業者数 〔+2万人〕 (+4万5900人)
10:30 豪7月失業率 〔5.1%〕 (5.1%)
13:30 6月鉱工業生産・確報値 〔−〕 (-1.5%)
17:00 8月ECB月報、公表
18:00 ユーロ圏6月鉱工業生産 〔+0.7%〕 (+1.0%)
21:30 米新規失業保険申請件数 〔−〕 (47.9万件)
21:30 米7月輸入物価指数 〔+0.4%〕 (-1.3%)
23:00 デュークFRB理事、講演
翌7:00 チリ国立銀行、政策金利発表 〔50bp引き上げで2.00%に〕 (50bp引き上げで1.50%に)


8/13(金) 〔予想〕 (前回)

07:45 NZ6月小売売上高指数 〔+0.5%〕 (+0.4%)
07:45 NZ6月小売売上高指数(除自動車) 〔+0.5%〕 (-0.2%)
08:50 日銀金融決定会合議事要旨(7月14−15日分)
15:00 独4−6月期GDP・速報値(前期比) 〔+1.3%〕 (+0.2%)
15:00 独4−6月期GDP・速報値(前年比) 〔+2.4%〕 (+1.6%)
15:45 仏4−6月期GDP・速報値(前期比) 〔+0.4%〕 (+0.1%)
15:45 仏4−6月期GDP・速報値(前年比) 〔+1.4%〕 (+1.2%)
18:00 ユーロ圏6月貿易収支(季調前) 〔−〕 (34億ユーロの赤字)
18:00 ユーロ圏4−6月期GDP・速報値(前期比) 〔+0.7%〕 (+0.2%)
18:00 ユーロ圏4−6月期GDP・速報値(前年比) 〔+1.4%〕 (+0.6%)
21:30 米7月消費者物価指数 〔+0.2%〕 (-0.1%)
21:30 米7月消費者物価指数・コア 〔+0.1%〕 (+0.2%)
21:30 米7月小売売上高 〔+0.4%〕 (-0.5%)
21:30 米7月小売売上高(除自動車) 〔+0.3%〕 (-0.1%)
22:55 米8月ミシガン大学消費者信頼感指数・速報値 〔69.8〕 (67.8)
23:00 米6月企業在庫 〔+0.3%〕 (+0.1%)
翌0:30 ホーニグ米カンザスシティ連銀総裁、講演


テクニカル分析:ドル円

日足です。

0807usdjpyhi

前回解説した日足でのウェッジは破壊されたので新たにトレンドラインを引き直しました。
新しく引いたラインもさほど強くはないですがまだウェッジの様な形になっています、それだけ下値では買い圧力が強いと言う事ですね。
週末の雇用統計では明確にドル売りとなっており、ついに節目の85.00、そしてドバイショックの安値84.82が迫ってきています。
85.00はかなりの規模のオプションが控えていると思われますので、週明けからはこの防戦買いに注目ですね。
FOMCの結果待ち相場になるかもしれませんが、この85.00を割り込んでくるようだとオプショントリガーの発動や損切りの売りを巻き込み売りが加速する可能性がありますので、ロングを持っている人は一旦損切りをした方が良いかもしれませんね。
そして更に84.82、このレートまで割り込んでしまったらもう底が見えませんので流石にロスカットしかないと思います。
週末NYクローズ間際の動きでは一旦85.02で底を確認し85.50まで戻してますから、ここから週明けどう動くかですね。
今後の動きを2通りシミュレートしてみましたが、上値を更に切り下げつつ85.00割れ、そして逆に下値を切り上げ下落トレンドラインの上方ブレイク、とにかく赤○の部分がポイントになると思います。
かなりの安値圏という事でノーポジの方は無理にブレイクでの売りで入る必要もないと思いますが、ロングを持っている方は下抜けでロスカットの準備、逆にロングで入りたい方は85.00ぎりぎりまで引き付けて入って85.00割れで一旦ロスカットか、トレンドラインの上抜けでロングがやはり低リスクだと思います。


週明け月曜は窓埋めトレードの日です。
こじろうさんブログの本日の記事では私の予想を見る事ができます。
気になる人はこじろうさんのブログへ→無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?
窓埋めトレード仲間も募集中らしいです。
今なら役職も選べます。

窓埋めトレードするなら午前4時から取引できるサクソバンクFXがお勧めです。

サクソバンクFX


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

スポンサーサイト

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

ギリシャショックをテーマに大暴落となったユーロドル相場ですが、6月7日を今年最安値にV字回復となっています。
ではいったい何処まで上昇するのでしょうか。
今回は日足等の目先的な動きではなく、更に大きな流れを確認するために週足を見てみたいと思います。

0807eurusdshu

長期的な下落トレンドラインをブレイク(白○)した事により、中長期的な大きな上昇トレンドになる可能性があると何度も記事にしてきましたが、ついに週足では大きなレジスタンスが迫ってきています。
そもそも今回の暴落は去年の年末辺りから始まっているのですが、一旦2月に下げ止まった1.3450付近、水平のラインを引いておきましたが、ここを割り込むことで更なる暴落となっています。
そして6月7日に1.1876の安値をつけてからは、偏りに偏ったショートポジションの巻き戻しをきっかけにV字回復となっている訳ですが、ついにこの暴落直前の水準まで回復してきました。
CFTC(米商品先物取引委員会)が発表したIMM通貨先物のユーロポジションを見てみますと、6月頭では差し引き-10万枚を越えていたものが、8月3日までの週では-7297枚までショートポジションが減少しており、週末の雇用統計でのドル売りユーロ買いで更に減少した事を考えると、差し引きプラマイゼロ付近になったんではないかと考えています。
今回の上昇はショートの巻き戻しがメインだったと考えると、そろそろ大きな調整が入ってもおかしくないと思います。
日足と言う少し小さな流れでは、5月10日につけた大きな上髭やストレステストを控え目先的には調整売りが入るも、ストレステストの結果が公表されてからは買い安心感から5月10日の高値を突破となりました。
次のレジスタンスが5月3日の高値1.3360(下の方のライン)となっており、週末はこのレートを手前に上げ止まっています。
まずは週明けからの動きでこのレートを突破してくるかどうかですね。
次回FOMCで追加の金融緩和策が出る可能性や、利上げ時期の先送りからの更なるドル金利の低下により大きくドル売りと言う可能性も十分にありますので、中長期で売りたいと言う方は来週に控えているFOMCでの動きを見極めてからにしたいですね。


週明け月曜は窓埋めトレードの日です。
こじろうさんブログの明日の記事では私の予想を見る事ができます。
気になる人はこじろうさんのブログへ→無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?
窓埋めトレード仲間も募集中らしいです。
今なら役職も選べます。

窓埋めトレードするなら午前4時から取引できるサクソバンクFXがお勧めです。

サクソバンクFX


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット