FC2ブログ
2010 / 07
≪ 2010 / 06 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2010 / 08 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

本日は早朝時間外からドル円は87.78までの上昇、ユーロドルは1.2846までの下落と荒っぽい週明けとなりましたね。
日経平均が寄り付きから大きく上昇してスタートした事もあり、東京タイムはクロス円も上昇しています。
豪4−6月期生産者物価指数は前年比+1.0%となり、市場予想の+1.5%よりも弱い結果となった事で豪ドルドルは若干売り反応しましたが、早朝の安値0.8926は割り込むことは無く、再度上昇となっています。
NZドルが利上げを織り込んだ動きとなっているので同じオセアニア通貨の豪ドルも底堅い動きが継続しているようです。
一方ドル円相場は欧州タイムで大台の87円を割れるとストップを巻き込み86.82まで下落しましたが、先程発表された米6月新築住宅販売件数が33.0万件と、市場予想の31.1万件より強い結果となった事を受け再び87円台に戻す形となっています。
さらにはフェデックスが業績見通しを引き上げたこともありダウは堅調推移、リスク志向に動きが強まっており、ユーロドルはフィッチがスペインの銀行を格下げしたとの報道が入るも大きく上昇、1.2997まで上昇しています。


本日のトレードポイント

今日は早朝時間外にドル円、ユーロドル共に大きく動きしまったと言う事と、いつも通り週明け相場と言うこと入りづらい感じですね。
NYタイムに入るまでは目立ったポイントを突破することなくレンジ内の動きが続いてましたので、今日はノートレードとし、夜は飲みに出掛けていました。
先程帰ってきましたが、帰ってきた直後にユーロドルはトレードチャンスがあったようです。
一応チャートを載せておきます。

0726eurusd5

先週末につけた高値1.2965ですね。
ここを越えて来た所がロングで入るチャンス(白○)だったと思います。
先週のトレード同様1.30ドル台は非常に重いと言うことで、ここはロングで入っても1.30ドル手前での反発確認ですぐに利益確定(赤○)でいいかと思います。
もう少し早く帰宅していれば多分トレードしていたとは思いますが、週明け相場と言う事もありますので、重要ポイントではありましたが無理に入らず様子見でもいいとは思います。


本日のトレード結果

無し


今日も更新が遅くなりました。
申し訳ありません。



にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

7/26(月) 〔予想〕 (前回)

欧州連合(EU)、国際通貨基金(IMF)、欧州中央銀行(ECB)のスタッフがギリシャ訪問(−8月6日)
米3、6ヵ月TB定例入札(600億ドル)

08:00 韓国4−6月期GDP(前期比) 〔+1.3%〕 (+2.1%)
08:50 6月貿易収支(季調前) 〔6700億円の黒字〕 (3209億円の黒字)
10:30 豪4−6月期生産者物価指数(前年比) 〔+1.7%〕 (-0.1%)
21:30 米6月シカゴ連銀全米活動指数 〔−〕 (+0.21)
23:00 米6月新築住宅販売件数 〔32.0万件〕 (30.0万件)


7/27(火) 〔予想〕 (前回)

ドイツ銀行、4−6月期決算発表
UBS、4−6月期決算発表
米2年債入札(380億ドル)

12:45 2年国債入札(2兆6000億円)
15:00 独8月Gfk消費者信頼感 〔+3.6〕 (+3.5)
17:00 ユーロ圏6月マネーサプライM3(前年比) 〔-0.1%〕 (-0.2%)
19:00 英7月CBI流通取引調査 〔−〕 (-5)
22:00 米5月S&P/ケースシラー住宅価格指数(前年比) 〔+3.75%〕 (+3.81%)
23:00 米7月リッチモンド連銀製造業指数 〔−〕 (+23)
23:00 米7月消費者信頼感指数 〔52.0〕 (52.9)


7/28(水) 〔予想〕 (前回)

独7月消費者物価指数・速報値(前年比) 〔+1.2%〕 (+0.9%)
米5年債入札(370億ドル)

10:30 豪4−6月期消費者物価指数(前年比) 〔+3.4%〕 (+2.9%)
11:00 亀崎日銀審議委員、北海道金融経済懇談会における挨拶
12:00 NZ7月NBNZ企業信頼感 〔−〕 (+40.2)
20:00 米MBA住宅ローン申請指数(前週比) 〔−〕 (+7.6%)
21:30 米6月耐久財受注 〔+0.8%〕 (-0.6%)
21:30 米6月耐久財受注(除輸送用機器) 〔+0.5%〕 (+1.6%)
23:30 米週間原油在庫(前週比) 〔−〕 (+36.0万バレル)
翌3:00 米地区連銀経済報告(ベージュブック)


7/29(木) 〔予想〕 (前回)

サンタンデール銀行(スペイン)、4−6月期決算
米7年債入札(290億ドル)

06:00 RBNZオフィシャル・キャッシュレート発表 〔25bpの利上げで3.00%に〕 (25bpの利上げで2.75%に)
07:45 NZ6月貿易収支 〔−〕 (8億1400万NZドルの黒字)
08:50 対外及び対内証券売買契約等の状況(指定報告機関ベ−ス)
16:55 独7月失業者数 〔-1.5万人〕 (-2.1万人)
16:55 独7月失業率 〔7.6%〕 (7.7%)
17:30 英6月消費者信用残高 〔+2億ポンド〕 (+3億ポンド)
17:30 英6月マネーサプライズM4・確報値(前年比) 〔−〕 (+3.0%)
18:00 ユーロ圏7月消費者信頼感・確報値 〔−〕 (-14)
18:00 ユーロ圏7月経済信頼感 〔99.0〕 (98.7)
18:30 南ア6月生産者物価指数(前年比) 〔+7.3%〕 (+6.8%)
21:30 米新規失業保険申請件数 〔−〕 (46.4万件)


7/30(金) 〔予想〕 (前回)

07:45 NZ6月住宅建設許可 〔−〕 (-9.6%)
08:30 7月東京都区部消費者物価指数(生鮮食品除く・前年比) 〔-1.2%〕 (-1.3%)
08:30 6月全国消費者物価指数(生鮮食品除く・前年比) 〔-1.1%〕 (-1.2%)
08:30 6月失業率 〔5.1%〕 (5.2%)
08:30 6月有効求人倍率 〔0.51倍〕 (0.50倍)
08:50 6月鉱工業生産・速報値 〔+0.1%〕 (+0.1%)
18:00 ユーロ圏6月失業率 〔10.0%〕 (10.0%)
18:00 ユーロ圏7月消費者物価指数・速報値(前年比) 〔+1.9%〕 (+1.4%)
18:30 スイス7月Kof先行指数 〔+2.30〕 (+2.25)
21:00 南ア6月貿易収支 〔20億ランドの赤字〕 (3億ランドの赤字)
21:30 米4−6月期GDP・速報値(前期比年率) 〔+2.5%〕 (+2.7%)
21:30 米4−6月期GDPデフレーター・速報値(前期比年率) 〔+1.1%〕 (+1.1%)
21:30 米4−6月期個人消費・速報値(前期比年率) 〔+2.3%〕 (+3.0%)
21:30 米4−6月期コアPCEデフレーター・速報値(前期比年率) 〔+1.0%〕 (+0.7%)
21:30 米4−6月期雇用コスト指数(前期比) 〔+0.5%〕 (+0.6%)
21:30 加5月GDP 〔+0.1%〕 (±0.0%)
22:45 米7月シカゴ購買部協会景気指数(PMI) 〔56.0〕 (59.1)
22:55 米7月ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値 〔67.5〕 (66.5)


ドル円は87.00を前後に相変わらす小動きが続いていますね。
クロス円の動きを見極めるのに最も重要となるのがドル円の動きですが、ストレステストの結果公表も終わって新規ポジションが取りやすくなった事を考えるとそろそろどちらかに抜けそうな感じもします。
86円台は異常に底堅い感じもしますから抜けるとすれば上方向でしょうか?
あまり決め付けはいけませんが、予想することは大事ですね。
結局はいくら予想しても動いた方向について行くしかないのですけれど。


週明け月曜は窓埋めトレードの日です。
こじろうさんブログの本日の記事では私の予想を見る事ができます。
気になる人はこじろうさんのブログへ→無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?
窓埋めトレード仲間も募集中らしいです。
今なら役職も選べます。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

今週は円全面安でしたね。
ユーロはストレステストの結果公表を控え大幅上昇した先週の調整売りが入るも底堅い動きを続け、結局はストレステストの結果公表後は材料出尽くしから小幅に上昇してそのままNYをクローズしました。
ストレステストについてはソブリン債のデフォルトを想定していない等、審査が十分に厳格では無いとの指摘から大きく売られる場面も見られましたが、予想より強い欧州の経済指標や株式も上昇しリスク志向の動きとなりましたので、ストレステストを材料とした売買も一巡、個人的には新たな材料待ちと見ています。
週明けからの動きですが、ストレステストの結果を見極めてから買おうと思っていた人達の買いも入りそうですから、上方向のリスクの方が高そうな感じですね。

テクニカル分析:豪ドル円

今週は特に注目の通貨ペアは無かったのですが、豪ドル円の上昇が目立ってましたので日足を確認してみたいと思います。

0724audjpyhi

7月1日に72.66をつけてからは安値を徐々に切り上げつつ上昇しています。
14日の高値78.86にラインを引いておきましたが、このレートが目先のレジスタンスラインとなりそうですね。
このレートを週明けからの動きで突破すれば6月21日の高値80.85を目指す展開となりそうです。
逆に78.86を突破せずに反転となれば重要になってくるのが新たに引いた上昇トレンドラインですね。
赤○の部分で大きな下髭を残し買い圧力を示してますから、この上昇トレンドラインはかなり意識されると思いますが、このレジスタンス、トレンドライン内での動きが続けばアセンディングトライアングル形成となります。
そうなれ強気のトライアングルフォーメーションとなり、レジスタンスライン78.86の上抜けで買いサインとなります。
来週からはこの2本のラインに注目ですね。


週明け月曜は窓埋めトレードの日です。
こじろうさんブログの明日の記事では私の予想を見る事ができます。
気になる人はこじろうさんのブログへ→無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?
窓埋めトレード仲間も募集中らしいです。
今なら役職も選べます。

1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

今日は5年ほど付き合いのあった友人の送別会の為、21時頃から26時過ぎまで飲んでいました。
記事更新が遅れましたが、簡単に今日一日を振り返ってみたいと思います。
アルコールがかなり入っている為いい加減な所もあると思いますがお許しください。

本日は欧州銀行ストレステストの結果が公表予定と言う事で東京タイムは小動き、前日欧州タイムの大幅上昇による調整売りが入るも底堅い動きが続きました。
スペインのエル・パイス紙が「ストレステストで、いくつかの貯蓄銀行が不合格となった」と報じた事でユーロドルは売りで反応しましたが、予想より強い独7月Ifo景況感指数が発表されると今度は大きく上昇しており、当日の高値を上抜け1.2965まで上昇しました。
同じく欧州通貨のポンドも堅調推移、欧州タイム発表となった英4−6月期GDPが、前期比+1.1%となり、市場予想の+0.6%よ大幅に強い結果となった事で急騰しており、ポンド円は一時135.01まで上昇しています。
NYタイムでは、ストレステストの結果がソブリン債のデフォルトを想定していない等の報道が伝わるとユーロドルは売りが加速、今度は安値を更新し1.2793まで下落しました。
注目のストレステストの結果ですが、ドイツ銀行では、ヒポ・レアルエステートの1行が不合格、ポルトガルは全行合格、スペインはバンカ・シビカが不合格、発表直後ユーロドルは多少乱高下しましたが大きな動きとはなっていません。
現在ダウ平均は大幅上昇しており、ドル円、クロス円は堅調推移となっています。


本日のトレードポイント

今日はユーロドルです。

0723eurusd5

いつも通り欧州勢参戦後、朝9時頃つけた高値1.2917を突破してきた所でロングで入っています(白○)。
その後ストップをつけすぐに前日の高値1.2933を突破しましたが、このレジスタンスを抜けると1.3000までレジスタンスがありませんので、大きく利を伸ばすチャンスです。
しかし週末相場、更にはストレステストの結果待ちと言うこともありましたのであまり長く持っていたく無い感じですね。
と言う訳で、今日は利益目標を直近の高値から安値の値幅においてみました。
オレンジの矢印で値幅を記しておきましたが、この値幅、52PIPSを1つの目標として1.2913から52PIPSの1.2965をターゲットとしています。
大体達成した所で動きが鈍りましたのですぐに利益確定しています(赤○)。

今日は昨日のトレードに引き続き、仲良しブロガーのふうさんにはリアルタイムでトレードを実況していましたが、普段しないような事をすると妙な緊張感がありますね。
それがトレードにプラスになるかマイナスになるかは分かりませんが、たまにはこんなのもいいかもですね。
今日はまさに天井で利益確定できたのでかなりナイストレードだったと思います。


本日のトレード結果

EURUSD L 1.2920 → 1.2961 +41PIPS


一週間お疲れ様でした。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

まずは前日深夜の動きになりますが、注目されていたバーナンキFRB議長の議会証言で「経済見通しを異常な程不透明」、「米国は大恐慌以来、最悪の雇用問題に直面」、「財政赤字の拡大は長期的に維持できず」との発言を受けダウは大幅下落、ドル買い円買いの典型的なリスク回避の動きとなりました。
ユーロドルは下げ止まりを見せていた1.2790付近を下抜け1.2732まで下落しています。
東京市場オープン後もクロス円の売りは継続しており、ユーロ円は110.01、ドル円も86.34まで下落しました。
欧州勢参戦後はユーロドルは1.27前半では底堅い動きを見せ、予想より強い独7月サービス業PMIやユーロ圏7月製造業PMIを受け買戻しの動きとなっています。
米6月中古住宅販売件数は537万件となり、市場予想の510万件より強い結果となるなど、NYタイム後もユーロを中心としたクロス円の買い戻しの動きは衰えることなく、ユーロドルは1.2933、ドル円も87.21まで上昇しています。


本日のトレードポイント

ユーロドルの解説が続いてましたので今日はドル円を解説します。

0722usdjpy5

前日記事をアップした後の動きですが、東京タイム昼頃につけた戻り高値87.28、そしてNYタイム22時につけた高値が87.28と一致していましたので、これを抜けてきたポイントでロングで入っています。
バーナンキFRB議長の議会証言が控えていると言う事であまり入りたくなかったのですが、重要ポイントと言うことで仕方なくロングで入っています(白○)。
多少のストップをつけたものの、既に上昇した後と言う事で伸びが悪いですね。
ぎりぎりSMA25で踏ん張りを見せていましたが、結局力尽きた所(赤○)で一旦ロスカットしています。
その後東京タイムまで大きく下げたようです。
機械的にロスカットしただけなのですが、危機回避ですね。

本日のトレードですが、ユーロドルはバーナンキFRB議長の議会証言による下落、ドル円は本日早朝からの下落でそれぞれ重要ポイントを下抜けでショートにエントリーチャンスがありましたが、寝ている時間帯と言う事でチャンスを逃がしています。
起きた後には既に大きく下落しきった後と言う事で今日はノートレードを覚悟してましたが、ユーロドルが今度は逆に議会証言の直前に押さえつけられたレート1.2830を上抜けてきたと言う事でここでロングで入っています。
結構上昇したのですが、途中ストップを切り上げた所で引っかかってしまい、こちらは大きな利を逃しています。


本日のトレード結果

USDJPY L 87.31 → 87.25 -6PIPS (前日分)
EURUSD L 1.2932 → 1.2951 +19PIPS


本日は夜飲みに出掛けており更新が遅れました、申し訳ありません。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット