FC2ブログ
2010 / 06
≪ 2010 / 05 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - 2010 / 07 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

6/21(月) 〔予想〕 (前回)

米3、6ヵ月TB定例入札(540億ドル)

08:01 英6月ライトムーブ住宅価格指数 〔-〕 (+0.7%)
19:45 シュタルクECB理事、講演
21:00 ハンガリー中銀、政策金利発表 〔5.25%で据え置き〕 (5.25%で据え置き)
23:00 ゴンザレス=パラモECB理事、講演
23:30 トリシェECB総裁、講演
翌1:00 ヒルデブランド・スイス国立銀行総裁、講演


6/22(火) 〔予想〕 (前回)

キャメロン新政権、英国緊急予算案を発表
米2年債入札(400億ドル)
米連邦公開市場委員会(FOMC)(23-24日)

15:15 スイス5月貿易収支 〔-〕 (20.2億CHFの黒字)
17:00 独6月Ifo景況感指数 〔101.0〕 (101.5)
17:00 独6月Ifo現況指数 〔100.0〕 (99.4)
17:00 独6月Ifo景気期待指数 〔102.3〕 (103.7)
17:00 ユーロ圏4月経常収支(季調前) 〔-〕 (13億ユーロの黒字)
20:00 加5月消費者物価指数(前年比) 〔-〕 (+1.8%)
20:00 加5月消費者物価指数コア(前年比) 〔-〕 (+1.9%)
23:00 ユーロ圏6月消費者信頼感・速報値 〔-〕 (-18)
23:00 米6月リッチモンド連銀製造業指数 〔+20〕 (+26)
23:00 米5月中古住宅販売件数 〔620万件〕 (577万件)
23:00 米4月住宅価格指数 〔-〕 (+0.3%)
23:00 ガイトナー米財務長官、議会証言


6/23(水) 〔予想〕 (前回)

米5年債入札(380億ドル)
コーンFRB副議長任期終了(後任未定のため理事職は継続)

07:45 NZ1-3月期経常収支(対GDP比) 〔2.7%の赤字〕 (2.9%の赤字)
15:00 独7月GfK消費者信頼感 〔+3.3〕 (+3.5)
15:30 白川日銀総裁、全国信用金庫大会において挨拶
16:30 独6月サービス業PMI・速報値 〔54.5〕 (54.8)
16:30 独6月製造業PMI・速報値 〔57.8〕 (58.4)
17:00 ユーロ圏6月サービス業PMI・速報値 〔56.0〕 (56.2)
17:00 ユーロ圏6月製造業PMI・速報値 〔54.8〕 (55.8)
17:00 ユーロ圏6月総合PMI・速報値 〔-〕 (56.4)
17:30 イングランド銀行MPC議事録を公表(6月9-10日開催分)
19:00 英6月CBI流通取引調査 〔-〕 (-18)
20:00 チェコ国立銀行、政策金利発表 〔0.75%で据え置き〕 (25bpの利下げで0.75%に)
20:00 米MBA住宅ローン申請指数(前週比) 〔-〕 (+17.7%)
21:00 ノルゲバンク(ノルウェー中銀)、政策金利発表 〔2.00%で据え置き〕 (25bpの利上げで2.00%に)
21:30 加4月小売売上高 〔-〕 (+2.1%)
21:30 加4月小売売上高(除自動車) 〔-〕 (+1.7%)
23:00 米5月新築住宅販売件数 〔431万件〕 (504万件)
23:30 米週間原油在庫(前週比) 〔-〕 (+169万バレル)
翌3:15 米連邦公開市場委員会(FOMC)結果公表 〔目標レンジ0.00-0.25%に据え置き〕 (目標レンジ0.00-0.25%に据え置き)


6/24(木) 〔予想〕 (前回)

ECB理事会(非金融政策決定会合)
米7年債入札(300億ドル)

07:45 NZ1-3月期GDP(前期比) 〔+0.5%〕 (+0.8%)
07:45 NZ1-3月期GDP(前年比) 〔+1.8%〕 (+0.4%)
08:50 対外及び対内証券売買契約等の状況(指定報告機関ベ-ス)
08:50 4月貿易収支(季調前) 〔4700億円の黒字〕 (7405億円の黒字)
12:45 2年債入札(2兆6000億円)
18:00 南ア1-3月期経常収支(対GDP比) 〔3.4%の赤字〕 (2.8%の赤字)
18:00 ユーロ圏4月鉱工業新規受注 〔+1.8%〕 (+5.7%)
18:30 南ア5月生産者物価指数(前年比) 〔+7.1%〕 (+5.5%)
21:30 米5月耐久財受注 〔-1.0%〕 (+2.8%)
21:30 米5月耐久財受注(除輸送用機器) 〔+1.0%〕 (-1.1%)
21:30 米新規失業保険申請件数 〔46.0万件〕 (47.2万件)


6/25(金) 〔予想〕 (前回)

主要8カ国・地域(G8)首脳会合(25-26日、於;トロント)

07:45 NZ5月貿易収支 〔7.67億NZドルの黒字〕 (6.56億NZドルの黒字)
08:30 6月東京都区部消費者物価指数(生鮮食品除く・前年比) 〔-1.4%〕 (-1.6%)
08:30 5月全国消費者物価指数(生鮮食品除く・前年比) 〔-1.3%〕 (-1.5%)
21:30 米1-3月期GDP・確報値(前期比年率) 〔+3.0%〕 (+3.0%)
21:30 米1-3月期GDPデフレーター・確報値(前期比年率) 〔+1.0%〕 (+1.0%)
21:30 米1-3月期個人消費・確報値(前期比年率) 〔+3.5%〕 (+3.5%)
21:30 米1-3月期コアPCEデフレーター・確報値(前期比年率) 〔+0.6%〕 (+0.6%)
22:55 米6月ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値 〔75.5〕 (75.5)


6/26(土) 〔予想〕 (前回)

主要8カ国・地域(G8)首脳会合(25日-、於;トロント)
主要20カ国・地域(G20)首脳会合(26-27日、於;トロント)


6/27(日) 〔予想〕 (前回)

主要20カ国・地域(G20)首脳会合(26日-、於;トロント)


[北京 19日 ロイター] 中国人民銀行(中央銀行)は19日、為替相場メカニズムの改善の一環として、人民元相場の柔軟性を一段と高めると表明し、23カ月続いた事実上のドルペッグ制を終了する用意があることを示唆した。

 人民銀行は「人民元相場が大幅に変動・変化する根拠はない」としており、大幅な通貨切り上げの可能性は低い。
 ただ、今回の発表は明らかに、世界的な金融危機の影響を回避するための「特別措置」であった人民元のドルペッグ制の終了を意図する。
 また、異例なことに、人民銀行の発表は中国語とほぼ同時に英語でも発表された。
 人民銀行は、声明で「世界経済は徐々に回復に向かっている。中国経済の回復や上昇がより力強いものになり、経済の安定性も高まっている。人民元為替レートメカニズムの改善を一段と進め、人民元為替レートの柔軟性を高めることが望ましい」とした。

 具体的には、人民銀行は毎日人民元の基準値を設定するという現在の制度を通じて、人民元を対ドルで徐々に上昇させる可能性が大きい。つまり、2008年7月に人民元相場が対ドルで固定される以前の3年間に実施していた管理変動相場制に戻ることになる。
 最初の動きはおそらく小幅な調整にとどまるが、累積されれば、今後数カ月で数%ポイントになりそうだ。

 中国の為替政策への国際的な批判は米議会を中心に続いており、6月26・27日にカナダで開かれるG20サミットでも問題として取り上げられる恐れがある。オバマ米大統領は世界経済の活性化のためには市場で決定される為替レートが非常に重要、と述べ中国に人民元改革を促した。これに対し中国側は、人民元問題は中国の問題であり国際的な場で議論されるべきではない、と反論している。
 中国は2008年7月以来、人民元の対ドル相場を6.83元付近で固定させている。


ロイターからのコピペですが、このニュースを市場がどう受け止めるかですね。
少なからず円高方向に圧力がかかるとは思います。
窓明けには要注意ですね。
ポジションをお持ちの方はお気をつけ下さい。


週明け月曜は窓埋めトレードの日です。
こじろうさんブログの本日の記事では私の予想を見る事ができます。
気になる人はこじろうさんのブログへ→無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?
窓埋めトレード仲間も募集中らしいです。
今なら役職も選べます。

1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

スポンサーサイト



私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット