2010 / 06
≪ 2010 / 05 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - 2010 / 07 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

本日東京タイムはクロス円の買戻しが優勢。
雇用統計を前にポジション調整による利益確定の買いや、東京市場オープン後のドル円の下押しが88.39までと、下値トライに失敗したことも買い戻しを誘ったようです。
欧州タイムでは弱い独雇用統計を受けユーロドルが若干下押しするも、欧州中銀が固定金利入札で3カ月資金1319億ユーロを供給したと報じられたことを受け、ユーロドルは1.2304まで急騰、ユーロ円も109円台を回復しました。
NYタイム、先程発表となった米6月ADP全国雇用者数ですが、+1.3万人と市場予想の+6.0万人より大幅に弱い結果となった事を受け再びリスク回避の動きとなっています。
ドル円は88.48、ユーロ円も108.39まで下落しましたが、下値では買い拾う動きも見られ、現在ではやや落ち着きを取り戻しています。


本日のトレードポイント

今日はユーロドルです。

0630eurusd5

1本のラインを引いてますが、東京タイム13時過ぎにつけた高値、1.2222を欧州勢の参戦で突破してきた所でロングで入っています(白○)。
前日の急落後、NYタイムでつけた戻り高値を午前中の動きで既に突破してましたので、少し迷いましたが思い切ってエントリーしてみました。
多少ストップをつけ上昇しましたが、断続的に大きな入りが入ってしまったので、赤○の部分で一旦ロスカットしています。
その後もチャートを眺めていましたが、ドル円、ユーロドル共に動きが鈍く、眠くなったので昼寝しました。
どうやら寝た直後にECBの資金供給の報道で大きく伸びたみたいです。
なんともタイミングが悪いですが、一日中起きている訳にもいきませんので仕方ないですね。


本日のトレード結果

EURUSD L 1.2226 → 1.2222 -4PIPS


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

本日は東京タイムから大荒れでしたね。
本邦輸出の月末手当てによるドル円、クロス円の売りや、ウォールストリート・ジャーナル紙によるドバイ・エアロスペース・エンタープライズに関する資金繰り懸念の報道によりリスク回避の動きが加速しています。
ドル円は前日安値を割り込むと5月20日、21日の安値も割り込み、そのまま次々とストップを巻き込み88.60まで下落しました。
リスク回避の流れは欧州勢参戦後も止まらず、ユーロ円主動でクロス円は大きく下落しています。
その後はNY勢参戦でドル円が88.92まで持ち直す場面が見られるも、米6月消費者信頼感指数は52.9となり、市場予想の62.5より大幅に弱い結果となった事でリスク回避の動きが再開しています。
ドル円は更に安値を更新し88.29、ユーロ円は今年最安値を更新し107.30まで下落しています。


本日のトレードポイント

今日はドル円です。

0629usdjpy5

週明けから異様な底堅さを見せ、なんとか守りきっていた5月20日、21日のサポートですが、本日の動きでついに割り込みました。
土日にも記事にしましたが、この5月20日の安値88.95と、21日の安値89.02を割り込んできたところで予定通りショートでエントリーしています(白○)。
これより下のレートでは5月6日の87.96までサポートが無く、断続的にストップが並ぶポイントと言う事で誰もが注目していたレートだと思います。
上のラインが5月21日の安値、下のラインが5月20日の安値となりますが、その後の動きを見ても分かると思いますが、5月20日の安値を割り込んだ後は一度も89円台に戻すことなく下落してますから、今回はショートで待ち構えていた方で負けた方はいないと思います。
88.50での反発も考えその少し手前、88.55に指値を置いてみましたが、わずかに届かず長い下髭をつけて反発となりましたので、赤○の部分で利益確定しています。
予定通りの動きでしたが、早朝など寝ていてエントリーできないと言う可能性もありましたので、逃さずに済んでよかったと思います。
今回エントリー出来る状態であったにも関わらず逃してしまった方は、しっかりと今日のチャートパターンを復習し、次回同じ様なパターンが出現した時に逃さない様にしておきたいですね。

本日はその他ユーロドルでもエントリーポイントがありましたが、ドル円で満足してしまったので本日のトレードは終了しています。


本日のトレード結果

USDJPY S 88.93 → 88.70 +23PIPS


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

本日は静かな週明けとなりました。
早朝薄商いでの仕掛け的なドル円の売りで88.50付近までの下落も想定してましたが、本日早朝時間外では先週安値を割り込むも89.15までの下落に留まっています。
東京市場オープン後もドル円、ユーロドル共に狭いレンジが続いており、G20明け相場も目立った反応は見られませんでした。
欧州勢参戦後は、弱いユーロ圏5月マネーサプライM3や独6月消費者物価指数が発表されユーロ売りが進んでおり、ユーロドルは1.2309までの下落、そしてユーロスイスは史上最安値を更新しており、1.3326まで下落しています。
尚ドル円も米債利回り低下から軟調推移、本日早朝時間外につけた安値を割り込み現在89.05までの下落となっています。


本日のトレードポイント

今日はユーロドルにトレードチャンスがありましたが、1時間足が条件を満たしていなかったので見送っています。
結局ノートレードとなりましたので、今日は1時間足で大まかなトレードポイントを載せておきます。

0628eurusd60

東京タイム7時につけた安値1.2367にラインを引いていますが、その後揉み合い相場から欧州勢参戦後に割れてきた所、1個目の白○がエントリーチャンスになります。
しかし1時間足がSMA25より上で推移と、マイルールの条件を満たしてないので見送りとしました。
その後、2個目の白○で本日安値割れと同時にSMA25を下回って来てますので、ここでようやく条件を満たしています。
しかし、ブレイク直後にエントリーしてストップを取り、そのまま勝率を高めつつ、2、30PIPS程度の利益を狙うのが普段の私の手法ですので、すでにブレイク後でしかも最初のエントリーポイントより20PIPS程度下げた所でのショートでは少し危険ですね。
ここは無理する所ではないと思います。
見送る勇気と言うのも大事ですね。


本日のトレード結果

無し


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ


6/28(月) 〔予想〕 (前回)

国際決済銀行(BIS)年次総会(総会後に記者会見の予定)
独6月消費者物価指数・速報値(前年比) 〔+1.0%〕 (+1.2%)
米3、6ヵ月TB定例入札(560億ドル)

12:00 NZ6月NBNZ企業信頼感 〔-〕 (+48.2)
17:00 ユーロ圏5月マネーサプライM3(前年比) 〔+0.4%〕 (-0.1%)
21:30 米5月シカゴ連銀全米活動指数 〔-〕 (+0.29)
21:30 米5月個人所得 〔+0.5%〕 (+0.4%)
21:30 米5月個人消費支出 〔+0.1%〕 (±0.0%)
21:30 米5月PCEコアデフレーター 〔+0.1%〕 (+0.1%)
翌1:45 ウォルシュFRB理事、講演


6/29(火) 〔予想〕 (前回)

07:45 NZ5月住宅建設許可 〔-〕 (+8.5%)
08:30 5月失業率 〔5.0%〕 (5.1%)
08:30 5月有効求人倍率 〔0.49倍〕 (0.48倍)
08:50 5月鉱工業生産 〔±0.0%〕 (+1.3%)
17:30 英5月消費者信用残高 〔±0億ポンド〕 (-1億ポンド)
17:30 英5月マネーサプライM4・確報値(前年比) 〔-〕 (+2.8%)
18:00 ユーロ圏6月経済信頼感 〔98.3〕 (98.4)
18:00 ユーロ圏6月消費者信頼感・確報値 〔-18〕 (-17)
22:00 米4月S&P/ケースシラー住宅価格指数(前年比) 〔+3.40%〕 (+2.35%)
23:00 米6月消費者信頼感指数 〔62.5〕 (63.3)


6/30(水) 〔予想〕 (前回)

独国債入札(60億ユーロ)

08:01 英6月GfK消費者信頼感 〔-19〕 (-18)
15:00 南ア5月マネーサプライM3(前年比) 〔-〕 (+1.67%)
15:00 英6月ネーションワイド住宅価格 〔+0.2%〕 (+0.5%)
16:55 独6月失業者数 〔-2万人〕 (-4万5000人)
16:55 独6月失業率 〔7.7%〕 (7.7%)
17:30 英1-3月期GDP・確報値(前期比) 〔+0.3%〕 (+0.3%)
17:30 英1-3月期GDP・確報値(前年比) 〔-0.2%〕 (-0.2%)
17:30 英1-3月経常収支 〔5億ポンドの赤字〕 (17億ポンドの赤字)
18:00 ユーロ圏6月消費者物価指数・速報値(HICP、前年比) 〔+1.5%〕 (+1.6%)
18:30 スイス6月Kof先行指数 〔-〕 (+2.16)
20:00 米MBA住宅ローン申請指数(前週比) 〔-〕 (-5.9%)
21:00 南ア5月貿易収支 〔-〕 (19億ランドの赤字)
21:00 エバンズ米シカゴ連銀総裁、経済についてCNBCのインタビュー
21:15 米6月ADP全国雇用者数 〔+6.0万人〕 (+5.5万人)
21:30 加4月GDP 〔+0.1%〕 (+0.6%)
22:00 デュークFRB理事、講演
22:45 米6月シカゴ購買部協会景気指数(PMI) 〔59.0〕 (59.7)
23:30 米週間原油在庫(前週比) 〔-〕 (+201.7万バレル)
翌2:30 ロックハート米アトランタ連銀総裁、講演


7/1(木) 〔予想〕 (前回)

香港市場休場(香港特別行政区設立記念日)
英国債入札(8億ポンド)
トロント市場休場(建国記念日)

08:50 6月調査日銀短観大企業製造業業況判断DI 〔-3〕 (-14)
08:50 6月調査日銀短観大企業非製造業業況判断DI 〔-7〕 (-14)
08:50 6月調査日銀短観大企業設備投資(前年比) 〔+5.0%〕 (-0.4%)
08:50 対外及び対内証券売買契約等の状況(指定報告機関ベ-ス)
10:00 中6月製造業PMI 〔53.3〕 (53.9)
10:30 豪5月小売売上高 〔-〕 (+0.6%)
10:30 豪5月住宅建設許可件数 〔-〕 (-14.8%)
16:30 リクスバンク(スウェーデン中銀)、金利発表および金融政策報告発表 〔25bp利上げで0.50%に〕 (0.25%で据え置き)
16:55 独6月製造業PMI・確報値 〔58.2〕 (58.1)
17:00 ユーロ圏6月製造業PMI・確報値 〔55.7〕 (55.6)
17:30 英6月製造業PMI 〔57.6〕 (58.0)
20:30 米6月チャレンジャー人員削減予定数(前年比) 〔-〕 (-65.1%)
21:30 米新規失業保険申請件数 〔46.0万件〕 (45.7万件)
23:00 米6月ISM製造業景況指数 〔59.0〕 (59.7)
23:00 米5月建設支出 〔-0.6%〕 (+2.7%)
23:00 米5月中古住宅販売保留件数指数 〔-15.2%〕 (+6.0%)


7/2(金) 〔予想〕 (前回)

シュタルクECB理事、講演

17:30 英6月建設業PMI 〔58.0〕 (58.5)
18:00 南ア6月Naamsa自動車販売(前年比) 〔-〕 (+28.6%)
18:00 ユーロ圏5月生産者物価指数(前年比) 〔-〕 (+2.8%)
18:00 ユーロ圏5月失業率 〔10.1%〕 (10.1%)
21:30 米6月非農業部門雇用者数 〔-11.0万人〕 (+43.1万人)
21:30 米6月失業率 〔9.8%〕 (9.7%)
21:30 米6月民間部門雇用者数 〔+11.2万人〕 (+4.1万人)


テクニカル分析:ドル円

0627usdjpyhi

経済指標だけでは内容がないので、簡単ですがドル円を見てみてみたいと思います。
前回、前々回に解説したラインはそのままにしています。
三角保ち合いからのブレイク(白○)でショートでエントリーした方はそこそこの利益が乗ったようです。
昨日記事にもしましたが、赤○の部分、5月20日の88.95、21日の89.03と下髭を残し上昇となってますので、目先大きなサポートになると思います。
これを抜けてしまうと88円付近までサポートがありませんから、一気に下落となる可能性もありますので注意が必要ですね。
週末の終値ですが、下髭を残さずに1週間の安値でそのままクローズと大変危険な状態になってます。
髭を残さずに陰線引けとなった次の足はほぼ更なる下押しとなるパターンです。
過去にさかのぼってみましても、下髭無しのままそのまま上昇となったパターンは約1年半前の2008年の12月17日が最後ですから、週明けは下方向の圧力がかかるのは間違いないと思います。
かなりの安値圏に突入してますので、あまりショートでは入りたくない感じですが、チャンスがあれば88.95割れでは短期のショートで付いていきたいですね。
逆張りでロングで入る方は89.00付近に引き付けてロング、88.90では一旦ロスカットとすれば10PIPS程度のリスクで大きな利益も狙えますので、そういうトレードもありかと思います。

では今週も頑張りましょう。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

今週は人民元に振り回される1週間となりましたね。
FOMCでも低金利を長期間維持を改めて確認する形となり、ドル売りが優勢となりました。
ドルストレートでもドル売りが進んでいる為クロス円はさほど大きな下落とはなっていませんが、ドル円が大きく下落し今週安値89.24でそのままクローズとなっています。
来週からの動きですが、このドル円が下げ止まれるかですね。
5月20日に88.95、21日には89.03と大きな下髭を残し上昇に転じてますから、このレートが重要になりそうです。
89.00にもオプションが控えていると思いますが、これを下抜けると5月7日の87.96までサポートがありません。
更に大きな下落となる可能性もありますので注意が必要ですね。


テクニカル分析:NZドル円

たまにはNZドル円も見てみましょうか。
日足です。

0626nzdjpyhi

2本のラインを引いてみました。
上昇チャネルに突入したようにも見えますね。
同じオセアニア通貨の豪ドル円もそうですが、6月10日に利上げしてからは比較的強い動きとなっています。
白○の部分がそうですが、利上げ直後に25日線を突破、そのまま強気転換しています。
現在もローソクは基準線の上で推移、25日線も上向き(赤○)と買い優勢となっています。
65円付近では75日線、200日線が控えてますので、一旦上値は重くなりそうですが底堅い動きを予想しておきます。
チャネル内でトレードする方はしっかりと引き付け、トレンドラインを抜けた時にすぐに損切り出来るような体制を整えておきたいですね。


週明け月曜は窓埋めトレードの日です。
こじろうさんブログの明日の記事では私の予想を見る事ができます。
気になる人はこじろうさんのブログへ→無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?
窓埋めトレード仲間も募集中らしいです。
今なら役職も選べます。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット