FC2ブログ
2010 / 05
≪ 2010 / 04 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2010 / 06 ≫

5月10日からの経済指標です。

5/10(月) 〔予想〕 (前回)

EU外務相会合
米3、6ヵ月TB定例入札(520億ドル)

08:50 日銀政策決定会合議事要旨(4月6−7日分)
10:30 豪4月NAB企業景況感指数 〔−〕 (+13)
10:30 豪4月NAB企業信頼感指数 〔−〕 (+16)
13:00 中4月貿易収支 〔5億5000万ドルの赤字〕 (72億4000万ドルの赤字)
20:00 イングランド銀行英金融政策委員会(MPC)、政策金利発表 〔0.50%で据え置き〕 (0.50%で据え置き)
20:00 BOE資産購入枠 〔2000億ポンドで据え置き〕 (2000億ポンドで据え置き)
21:15 加4月住宅着工件数 〔20.00万件〕 (20.09万件)
翌2:00 コチャラコタ米ミネアポリス連銀総裁、講演


5/11(火) 〔予想〕 (前回)

ヒルデブランド・スイス国立銀行総裁、ストラスカーンIMF専務理事、ニュースカンファレンスにて講演
英国債入札(22.5億ポンド)
米3年債入札(380億ドル)

08:01 英4月RICS住宅価格 〔−〕 (+9.0%)
11:00 中4月生産者物価指数(前年比) 〔+6.5%〕 (+5.9%)
11:00 中4月消費者物価指数(前年比) 〔+2.7%〕 (+2.4%)
11:00 中4月小売売上高(前年比) 〔+18.2%〕 (+18.0%)
11:00 中4月鉱工業生産(前年比) 〔+18.5%〕 (+18.1%)
11:00 中4月固定資産投資(年初来、前年比) 〔+26.0%〕 (+26.4%)
12:45 10年債入札(2兆2000億円)
15:00 独4月消費者物価指数・確報値(前年比) 〔+1.0%〕 (+1.0%)
16:15 オルドネス・スペイン中銀総裁、講演
17:30 英3月鉱工業生産 〔+0.3%〕 (+1.0%)
17:30 英3月製造業生産 〔+0.3%〕 (+1.3%)
21:20 プロッサー米フィラデルフィア連銀総裁、「経済見通し」について講演
21:30 ラッカー米リッチモンド連銀総裁、講演
23:00 米3月卸売在庫 〔+0.5%〕 (+0.6%)
23:00 米5月IBD/TIPP景気楽観度指数 〔−〕 (48.4)
翌2:15 ロックハート米アトランタ連銀総裁、講演
翌2:30 プロッサー米フィラデルフィア連銀総裁、講演


5/12(水) 〔予想〕 (前回)

南ア準備銀行金融政策委員会(MPC、−13日)
米10年債入札(240億ドル)

08:00 韓4月失業率(季調済) 〔−〕 (3.8%)
10:00 韓国中銀、政策金利発表 〔2.00%で据え置き〕 (2.00%で据え置き)
10:30 豪3月住宅ローン貸出 〔-2.0%〕 (-1.8%)
15:00 独1−3月期GDP・速報値(前期比) 〔-0.1%〕 (±0.0%)
15:00 独1−3月期GDP・速報値(前年比) 〔+1.1%〕 (-2.4%)
15:45 仏1−3月期GDP・速報値(前期比) 〔+0.3%〕 (+0.6%)
15:45 仏1−3月期GDP・速報値(前年比) 〔+1.4%〕 (-0.3%)
17:30 英4月失業率 〔−〕 (4.8%)
17:30 英4月失業者数 〔-2万人〕 (-3万2900人)
18:00 ユーロ圏3月鉱工業生産 〔+0.7%〕 (+0.7%)
18:00 ユーロ圏1−3月期GDP・速報値(前期比) 〔+0.2%〕 (±0.0%)
18:00 ユーロ圏1−3月期GDP・速報値(前年比) 〔+0.4%〕 (-2.2%)
18:30 英中銀四半期インフレ報告、公表
20:00 南ア3月製造業生産 〔-0.9%〕 (-1.5%)
20:00 米MBA住宅ローン申請指数(前週比) 〔−〕 (+4.0%)
21:30 米3月貿易収支 〔399億ドルの赤字〕 (397億ドルの赤字)
21:30 加3月新築住宅価格指数 〔+0.3%〕 (+0.1%)
21:30 加3月貿易収支 〔16億加ドルの黒字〕 (14億加ドルの黒字)
23:15 ローゼングレン米ボストン連銀総裁、講演
23:30 米週間原油在庫(前週比) 〔−〕 (+275万バレル)
翌1:30 ロックハート米アトランタ連銀総裁、講演
翌2:15 ブラード米セントルイス連銀総裁、「経済見通し」について講演
翌3:00 米4月財政収支 〔200億ドルの赤字〕 (前年同月 209億ドルの赤字)


5/13(木) 〔予想〕 (前回)

英国債入札(11億ポンド)
米30年債入札(160億ドル)

07:30 NZ4月企業景況感(PMI) 〔−〕 (56.3)
08:01 英4月ネーションワイド消費者信頼感 〔73〕 (72)
08:50 対外及び対内証券売買契約等の状況(指定報告機関ベ−ス)
08:50 3月国際収支−経常収支 〔−〕 (1兆4706億円の黒字)
08:50 3月国際収支−貿易収支 〔−〕 (7780億円の黒字)
08:50 4月マネーストックM3(前年比) 〔−〕 (+2.0%)
10:30 豪4月就業者数 〔+2万5000人〕 (+1万9600人)
10:30 豪4月失業率 〔5.3%〕 (5.3%)
12:45 40年債入札(3000億円)
14:00 4月景気ウォッチャー調査・現状判断DI 〔−〕 (47.4)
14:00 4月景気ウォッチャー調査・先行き判断DI 〔−〕 (47.0)
17:00 5月ECB月報、公表
17:30 英3月貿易収支 〔−〕 (61.79億ポンドの赤字)
21:30 米4月輸入物価指数 〔+0.8%〕 (+0.7%)
21:30 米新規失業保険申請件数 〔44.0万件〕 (44.4万件)
22:00 南ア準備銀行(SARB)、政策金利発表 〔6.50%で据え置き〕 (6.50%で据え置き)
22:00 コーンFRB副議長、「金融政策」について講演
翌1:30 バーナンキFRB議長、質疑応答
翌2:00 コチャラコタ米ミネアポリス連銀総裁、講演
翌7:00 チリ国立銀行、政策金利発表 〔0.50%で据え置き〕 (0.50%で据え置き)


5/14(金) 〔予想〕 (前回)

07:45 NZ3月小売売上高指数 〔+1.1%〕 (-0.6%)
07:45 NZ3月小売売上高指数(除自動車) 〔+1.5%〕 (-0.9%)
07:45 NZ1−3月期小売売上高指数 〔+0.3%〕 (+1.0%)
08:00 ロックハート米アトランタ連銀総裁、講演
17:00 コンスタンシオ・ポルトガル中銀総裁、講演
21:30 米4月小売売上高 〔+0.3%〕 (+1.9%)
21:30 米4月小売売上高(除自動車) 〔+0.5%〕 (+0.9%)
21:30 加3月製造業出荷 〔+1.0%〕 (+0.1%)
22:15 米4月鉱工業生産 〔+0.6%〕 (+0.1%)
22:15 米4月設備稼働率 〔73.7%〕 (73.2%)
22:55 米5月ミシガン大学消費者信頼感指数・速報値 〔73.5〕 (72.2)
23:00 米3月企業在庫 〔+0.4%〕 (+0.5%)
翌2:40 エバンズ米シカゴ連銀総裁、講演


5/15(土) 〔予想〕 (前回)

ギリシャ、EUに対し赤字削減進捗レポートを提出


5/16(日) 〔予想〕 (前回)

13:00 コチャラコタ米ミネアポリス連銀総裁、講演


月曜日にイングランド銀行英金融政策委員会(MPC)政策金利発表と木曜日に英雇用統計があります。
値動きの荒い展開が続くポンドですが、今週も荒れるでしょうね。
そして木曜日には豪雇用統計があります。
こちらも結果次第で大きく動きますので、要注意です。
そして週明けからの動きですが、昨日記事にもしました欧州安定メカニズムの具体案がどうなるかですね。
期待はずれで終わると更なるユーロ売りにつながる可能性もありますので個人的にはもっとも注目しています。


テクニカル分析:豪ドル円

前回の豪ドル円分析から3週間経ってしまいましたが、あれからどうなったでしょうか。
日足チャートです。

0509audjpyhi

ついに上昇チャネルの下限を割り込んでしまいました。
3ヶ月にも及ぶ上昇トレンドラインを割り込んだ事で流れが大きく変わってるのが確認できると思います。
トレンドラインは長く続けば続く程そのラインの重要性が増します。
それはその期間が長い程そのラインを意識する人が増えてくるからなんですね。
それぞれチャネル下限で反発したラインに白○を囲んでます。
最初の白○と次の白○で上昇チャネルに突入したなんて気付く人はまずいない訳で、でもなんとなく安値同士を結んだラインを引いてみる人が現れます。
そして3つ目辺りで、これは本格的な上昇トレンドだと気付き始める人が出てきます。
それに気付いた人は4つ目で押し目買いを入れて来ますから、チャートがその通り機能しやすくなる訳です。
5つ目6つ目辺りになると大半のトレーダーが気付いている感じですかね。
そして最後の赤○の部分、ついにトレンドラインを割り込んだと言うことで、今までチャネル下限で買い増しを続けたいたトレーダー達が一斉に利益確定の動きをすることで急落の動きになりやすいという事になります。
私は3月の終わり頃と4月の半ばで、豪ドル円は上昇チャネル中という分析記事を書きましたが、皆さんしっかり取れたでしょうか?
そして赤○でしっかり利益確定、もしくは損切りが出来たでしょうか?
5つ目の白○の所でも、84円付近では買ってしっかりストップは入れるようにと申し上げてますから、記事をちゃんと読んでいた方は十分利益が出たかと思います。
逆に押し目買いをせずに85.2付近で売りから入った方もいるかもしれませんね。
私はブレイクアウトの方が好きなので、豪ドル円をトレードしろと言われたらそうしていたと思います。
同じチャートと言うのは今後二度と現れることは無いですが、同じ様なチャートと言うのは今後何度も現れます。
もし損切りが出来ないで大きな損失を出してしまった方は、次回同じ様な相場に出くわした時にしっかり行動に移せるようにして下さい。


昨日は多数様のご訪問ありがとうございました。
ブログ開設以来最多の訪問者数となりました。
しかし応援クリックはいつもより少ないと言う、喜ぶべきか悲しむべきかよく分からない結果になってしまいました。
記事を毎日書くというのは大変なことですが、皆様の応援クリックがモチベーションアップにつながりますので、これからも応援の程宜しくお願いいたします。

では皆さん、今週も1週間頑張りましょう。


記事更新の励みになります。

1日1回1クリック、応援お願いいたします。どちらか1つでOKです。

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

スポンサーサイト
私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット