FC2ブログ
2010 / 03
≪ 2010 / 02 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2010 / 04 ≫

今週から米国夏時間開始に伴い経済指標の発表時間がいつもより1時間早くなりますのでお気をつけください。
注目すべきは日本時間火曜日深夜に予定されているFOMCですね。
米国の政策金利を決める上での重要な会合になります。
前回のFOMCではホーニグ・カンザスシティー地区連銀総裁が低金利の長期間維持に対して反対票を投じており、利上げ、出口戦略が最近のテーマとなってきてます。
政策金利は据え置きで間違いないと思いますが、声明文で金利を長期間維持に変更があった場合等は大きくドル買いに動く可能性があるので注意が必要ですね。
木曜日にはインフレに関わってくる消費者物価指数、新規失業保険申請件数があります。
雇用者数の増加、失業率の高止まりも利上げの時期に影響してきますのでこちらも重要な経済指標となります。

テクニカル分析:ドル円

前回雇用統計の結果を受け25日線を上回って引けたドル円ですが、一度下押しし一瞬下抜けるも、終値では割り込むことなく推移しています。
25日線も上向きとなっており短期では買い優勢ですが、木曜日金曜日と2日連続で十字足になってます。
FOMCも控え方向性を失いかけていますので慌てて買う必要はないと思います。
そしてこの1週間のドル円の上昇でまた重要なレジスタンスに近づいています。
下のチャートをご覧ください。

usdjpy0314hi

1月8日と2月19日に斜めに下がってきているオレンジのラインに跳ね返されているのが分かると思います。
これは私のドル円分析によく使われるSMA200です。
長期的な下落トレンド中に下から大きな陽線で急速に近づいた場合に跳ね返される場合が多いです。
年に何度かこのパターンが出現しますが、直前にもみ合わないとなかなか越えてくれません。
火曜日のFOMCでもし急速にドル買いになり跳ねた場合、一旦逆張りで売ってみるのも面白いと思います。
火曜日では91.80付近ですかね、ただその付近に指し値売りを置くのではなく、その付近に達した後、最低でも5分足で基準線を下回ってからの売りがいいと思います。
では皆さんまた明日から頑張りましょう。
スポンサーサイト

このもしもトレード編では、実際にトレードチャンスこそあったものの、見送ったり出掛けていたり寝ていたりと、チャンスを逃したポイントを後で振り返り、実際トレードしていたらどうなっていたのかを検証していきます。

今回は金曜日3月12日のドル円相場です。
1時間足と5分足の2つのチャートを見るより二つを同時にある程度確認できる15分足のチャートをさかのぼってのせました。

0312usdjpy15

ポイントとなる場所にラインを引いてます。
早朝7時と10時30分に90.48とダブルボトムを形成しているのがお分かりでしょうか?
その後戻りを試すも8時15分頃上髭を残してつけた90.74には到達せず東京タイムを終えています。
そして欧州勢参加。流れが変わり売り転換となり、サポートラインを割れてますね。
ここは前日の安値割れではないので、逆指し値で待機とまでは行きませんが90.45あたりを確認したら成行で売ってもいいかと思います。
その後は長い下髭を2連打でつけた90.25付近か、更に下押しを目指しホールドした人は次の陽線でクローズ、90.35位ですね。
よって+20PIPSか+10PIPS程度は取れた感じです。

今回エントリーしなかった理由は、既にユーロドルでポジションを持っていたから、です。
この場面でのドル円の下落の理由は、ユーロドルでのドル売りによる影響でドル円がつられて下げた感じですかね。
おまけ的に動いた通貨ペアより主役の通貨ペアを狙ったほうが勝率は高いと思います。
複数の通貨の動きを同時に追うのは大変ですが、大きいチャンスの時は同時に持ってみてもいいですね。
私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット