2017 / 04
≪ 2017 / 03 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2017 / 05 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

先程ECB理事会の方が公表となりましたが、ドラギECB総裁による「ダウンサイドリスクはかなり減った」、「回復基調は堅固になっている」など、タカ派は発言を受けユーロ買いとなると、ユーロドルは1.0932まで上昇、ユーロ円は121.89までの急騰となるなど、ユーロ全面高の動きとなりました。
しかし、「フォワードガイダンスの変更、議論せず」「6月の選択肢についても議論していない」「現時点では出口政策の順序を議論する必要はない」との発言を受け一転ユーロ売りが優勢となると、ユーロドルは1.0851まで上昇、ユーロ円は120.92までの急落となるなど、ユーロ全面安の動きとなっています。

事前に「金利は現状もしくは、現状を下回る水準で推移することが正当化される」から「現状を下回る水準」との文言が削除されるんじゃないかとの予想が多く上がってましたので、変更なしでは当然ユーロ売りとなりますね。
ファンダメンタル分析については、全然わからないとの質問がありましたが、現在の経済状況から今後どう動くかなんていう難しい分析なんかトレードには必要ありません。
そういう難しいことは専門家に任せて、大事なのは今どういう予想でどういう風に動いているかを知ることですね。
予想に向かって動いている時は素直に順張り、先程の中銀の声明など、タカ派に傾くと予想されているならばそうでなかった時に今までの方向と逆張り、予想通りなら順張り、ただそれだけですね。
昨日から今日までのイベントでは、米の税制改革案、これは法人税の15%への引き下げ、これは予想ではなく事前にリークされていましたので、発表後から材料出尽くしの円買いや、リーク以上を望んでいた人達の失望売りを仕掛けるという感じですね。
そして今日の日銀では、これも経済見通しの上方修正が予想されていましたので、一応予想通りで一旦円買いでも円売り戻しという感じですかね。
特に中銀に政策変更などは相場に大きな影響がでますので、事前に変更が予想されている時は要注意です。

言いたいことは他にも無限にあるんですけど、長くなったので今日はこの辺で。



1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

各通貨荒っぽい値動きとなっていますね。
北朝鮮の地政学リスク、ルペンリスクの後退を受けた円売りユーロ買いの流れが本日も優勢となると、東京市場でドル円は111.50まで上昇、ユーロ円は121.97まで上げ幅を拡大する動きとなっていましたが、欧州勢の参入では調整的なユーロ売りが優勢となると、ユーロドルは1.09ドル割れ、ユーロ円は121円割れ、ドル円も111.20まで押し戻されるなど、調整的な円買いユーロ売りが優勢となりました。
しかし、ムニューシン米財務長官による「米市場最大の減税になる」との発言を受け円が急落となると、ドル円は当日高値を突破し111.74まで急騰、その後は法人税率を15%に引き下げと、事前リーク内容のみの発表に終わった事で失望の円買いが優勢となると、ドル円は111.17まで急落、そして再び押し目買いから111.50まで上昇、クロス円もドル円に売れ乱高下となるなど、各通貨荒っぽい動きとなっています。

とりあえずこの後の発表でまた一つイベント通過ですね。
減税案はリーク内容を越えるものではなく、もっと失望売りが進んでもおかしくなかったと思いますが、急騰後の最初の下押しですので、買い遅れた人達が買っていくのは仕方ないですね。
ユーロドルはこのまま1.09ドルを回復できないまま引けると、今年最高値更新からの上昇がだましとなりますので、更なる調整に気を付けたい所です。
ユーロ円と共に、週明けにつけた大きな窓が依然埋まってない状態となっていますが、来月7日の仏大統領選の決戦投票を控え、突然マクロン氏のスキャンダル発覚、北のミサイル発射、核実験再開など、突発的な材料でいきなり窓を埋めに行く可能性もまだまだありますので、マクロン氏当選での材料出尽くしまで油断は出来ませんね。
英のユーロ離脱、トランプ氏の大統領選での当選、予想通り動いてれば皆が勝つが、予想外の動きで負けてすべての勝ちを吐き出す、というのが相場での最終的な負けパターンですので、常にまさかを考えておかねばなりませんね。



では今日はこの辺で。



1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

円売りの動きが大きく進んでいますね。
本日早朝オセアニアでは、朝鮮人民軍の85周年祭への警戒感もあり、ドル円は109.53まで下げ幅を拡大するなど、リスク回避の円買いが優勢となりましたが、日経平均が堅調推移となるなか、北朝鮮に大きな動きがなかったことを受け円売り戻しの動きが優勢となると、ドル円は再び110円台乗せとなっており、次々とストップを巻き込むと、NY市場では米経済指標が予想より強い結果となった事もあり、一時110.83まで上昇、ユーロ円は121.00までの上昇となるなど、前日に引き続き円売りユーロ買いが大きく進む展開となっています。

北朝鮮の地政学リスクは完全に収まった訳ではありませんが、一つの記念日を無事通過した事でかなりの買い安心感となっている様ですね。
トランプ大統領による減税案で、法人税を15%に引き下げという内容が事前にリークされたというのもドル買い円売りに繋がったいたという話もあった様です。
北のリスクについては、去年は25日から3日後の28日に弾道ミサイルが発射されたという事で、安心感が広がったころにいきなりのミサイル発射で怒涛の円買いという動きには気を付けたい所です。
ドル円は週明けにつけた大きな窓が開いたままですが、これはいつ埋めにくるんでしょうかね?


では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

円売り、ユーロ買いの動きが大きく進んでいますね。
仏大統領選を受けルペンリスクが後退となると、早朝時間外から円売りユーロ買いが大きく進んでおり、ドル円は110.49まで上昇、ユーロドルは1.0909まで上昇、ユーロ円は120.58まで上昇、その他クロス円も軒並み高値を更新するなど、各通貨円売りが大きく進む展開となっています。

大統領選は今後決選投票となりますが、マクロン、ルペン氏に入れなかった人達が決選投票でどちらに入れるかですね。
決選投票でもマクロン氏優勢とみられており、楽観的なユーロ買いが進んでいますが、7日の決選投票まで目が離せませんね。
そしてユーロ円の買いにつられて上昇したドル円ですが、明日の朝鮮人民軍の85周年祭での動きが気になる所です。
明日のミサイル発射の可能性はかなり高まっており、明日のイベント通過までは円売りが進むとは思えませんので、仏大統領選を受けた円売りは一旦おあずけ、とりあえず警戒しておいた方が良いでしょう。
仮に明日何もなくても核を放棄しない限りは核実験への懸念は収まりませんので、こちらもまだまだ目が離せませんね。


では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

4/24(月) 〔予想〕 (前回)

08:01 英4月ライトムーブ住宅価格 〔-〕 (1.3%)
17:00 独4月Ifo景況感指数 〔112.3〕 (112.3)
17:00 独4月Ifo景気期待指数 〔-〕 (105.7)
17:00 独4月Ifo現況指数 〔-〕 (119.3)
18:00 ユーロ圏2016年政府債務(対GDP比) 〔-〕 (90.4%)
21:30 米3月シカゴ連銀全米活動指数 〔-〕 (+0.34)
21:30 加2月卸売売上高 〔+0.4%〕 (+3.3%)
23:30 米4月ダラス連銀製造業活動指数 〔-〕 (+16.9)
翌0:30 カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、講演


4/25(火) 〔予想〕 (前回)

シドニー、ウェリントン市場休場(アンザックデー)

15:45 仏4月企業景況感 〔-〕 (104)
17:30 英3月財政収支 〔-〕 (11億ポンドの赤字)
22:00 米2月住宅価格指数 〔-〕 (±0.0%)
22:00 米2月S&P/ケースシラー住宅価格指数(前年比) 〔-〕 (+5.73%)
23:00 米4月消費者信頼感指数 〔-〕 (125.6)
23:00 米4月リッチモンド連銀製造業指数 〔-〕 (+22)
23:00 米3月新築住宅販売件数 〔-〕 (59.2万件)
翌2:00 米2年債入札(260億ドル)


4/26(水) 〔予想〕 (前回)

欧州議会本会議(-27日)
日銀金融政策決定会合(-27日)

10:30 豪1-3月期消費者物価指数(前年比) 〔-〕 (+1.5%)
14:00 クレディ・スイス、1-3月期決算発表
15:45 仏4月消費者信頼感指数 〔-〕 (100)
18:30 南ア3月生産者物価指数(前年比) 〔-〕 (+5.6%)
20:00 米MBA住宅ローン申請指数(前週比) 〔-〕 (-1.8%)
20:00 トルコ中銀、政策金利発表 〔-〕 (8.00%に据え置き)
20:00 ステート・ストリート、1-3月期決算発表
21:30 加2月小売売上高 〔-〕 (+2.2%)
21:30 加2月小売売上高(除自動車・前月比) 〔-〕 (+1.7%)
23:30 米週間原油在庫 〔-〕 (-103.4万バレル)
翌0:30 米2年物インフレ連動債入札(150億ドル)※リオープン
翌2:00 米5年物債入札(340億ドル)


4/27(木) 〔予想〕 (前回)

南アフリカ市場休場(自由の日)
日銀金融政策決定会合結果公表
日銀展望レポート(基本的見解)、公表
ドイツ銀行、1-3月期決算発表
バークレイズ、1-3月期決算発表
ロイズ・バンキング・グループ、1-3月期決算発表
ロウRBA総裁、講演
ダイセルブルーム・ユーログループ議長、講演
欧州議会本会議(26日-)

08:50 対外及び対内証券売買契約等の状況(指定報告機関ベース)
10:30 豪1-3月期輸入物価指数(前期比) 〔-〕 (+0.2%)
10:30 豪1-3月期輸出物価指数(前期比) 〔-〕 (+12.4%)
15:00 独5月GfK消費者信頼感 〔+9.9〕 (+9.8)
15:30 黒田日銀総裁、記者会見
18:00 ユーロ圏4月経済信頼感 〔108.0〕 (107.9)
18:00 ユーロ圏4月消費者信頼感・確報値 〔-〕 (-3.6)
20:45 欧州中央銀行(ECB)理事会、政策金利発表 〔0.00%に据え置き〕 (0.00%に据え置き)
21:00 独4月消費者物価指数・速報値(前年比) 〔+1.9%〕 (+1.6%)
21:30 ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、記者会見
21:30 米3月耐久財受注 〔-〕 (+1.8%)
21:30 米3月耐久財受注(除輸送用機器・前月比) 〔-〕 (+0.5%)
21:30 米新規失業保険申請件数 〔-〕 (24.4万件)
23:00 米3月中古住宅販売保留件数指数 〔-〕 (+5.5%)
翌0:00 米7年債入札(280億ドル)


4/28(金) 〔予想〕 (前回)

UBS、1-3月期決算発表
ロイズ・バンキング・グループ、1-3月期決算発表
トランプ米大統領、全米ライフル協会の年次総会で演説

07:45 NZ3月貿易収支 〔-〕 (1800万NZドルの赤字)
07:45 NZ3月住宅建設許可 〔-〕 (+14.0%)
08:01 英4月GfK消費者信頼感 〔-〕 (-6)
08:30 3月全国消費者物価指数(生鮮食品除く・前年比) 〔-〕 (+0.2%)
08:30 4月東京都区部消費者物価指数(生鮮食品除く・前年比) 〔-〕 (-0.4%)
08:30 3月失業率 〔-〕 (2.8%)
08:30 3月有効求人倍率 〔-〕 (1.43倍)
08:50 3月鉱工業生産・速報値 〔-〕 (+3.2%)
10:00 NZ4月ANZ企業信頼感 〔-〕 (+11.3%)
10:00 NZ4月ANZ企業活動見通し 〔-〕 (+38.8%)
10:30 豪1-3月期生産者物価指数(前年比) 〔-〕 (+0.7%)
12:45 2年債入札
14:30 仏1-3月期GDP・速報値(前期比) 〔-〕 (+0.4%)
14:30 仏1-3月期GDP・速報値(前年比) 〔-〕 (+1.1%)
16:00 スペイン1-3月期GDP・速報値(前期比) 〔-〕 (+0.7%)
16:00 スペイン1-3月期GDP・速報値(前年比) 〔-〕 (+3.0%)
17:00 ジョーダンSNB総裁、講演
17:30 英1-3月期GDP・速報値(前期比) 〔-〕 (+0.7%)
17:30 英1-3月期GDP・速報値(前年比) 〔-〕 (+1.9%)
18:00 ユーロ圏4月消費者物価指数(HICP)・速報値 〔+1.8%〕 (+1.5%)
21:00 南ア3月貿易収支 〔-〕 (52億ランドの黒字)
21:30 加2月GDP 〔-〕 (+0.6%)
21:30 米1-3月期GDP・速報値(前期比年率) 〔-〕 (+2.1%)
21:30 米1-3月期個人消費・速報値(前期比年率) 〔-〕 (+3.5%)
21:30 米1-3月期GDPデフレーター・速報値(前期比年率) 〔-〕 (+2.1%)
21:30 米1-3月期コアPCEデフレーター・速報値(前期比年率) 〔-〕 (+1.3%)
22:45 米4月シカゴ購買部協会景気指数 〔-〕 (57.7)
23:00 米4月ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値 〔-〕 (98.0)
翌3:30 ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁、講演


4/29(土) 

欧州連合(EU)臨時首脳会議(英離脱に関するガイドラインを協議)


4/30(日) 〔予想〕 (前回)

トランプ米大統領、就任式から100日経過

10:00 中国4月製造業PMI 〔-〕 (51.8)
10:00 中国4月非製造業PMI 〔-〕 (55.1)


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

円売り戻しの動きが優勢となっていますね。
前日は東京市場に向け円買いが優勢となると、ドル円は108.32までと再び今年最安値付近まで下落する動きとなっていますが、日経平均の反応が限定的となった事で買い戻しが優勢となると、ポンド円主導での円売りの動きが進んでおり、ドル円は109円台を回復、ポンド円は140円台乗せとなるなど、各通貨円売りが大きく進む展開となっています。

英総選挙の前倒しを受けたポンド買いや、トランプ大統領はドルを押し下げるようなことはしないといったような内容の発言もありましたので、ドル円も少しは買いやすくなったという感じですかね。
それでも先程の原油高や、米債利回りの上昇でドル円が109.40まで上昇した場面では、強烈な戻り売りで一気に109.01まで押し戻されるなど、戻り売り圧力も相当ですので、そう簡単には上昇させてもらえない感じですね。
まだ長期的に拾うには北朝鮮のリスクもありますし早すぎると思いますが、短期的には底打ちを確認、徐々に安値も切り上げていますので、デイトレレベルでは拾っていってもいいんじゃないかと思っています。
ポンドの方は英総選挙報道をめぐって買い戻しが進んでいますが、英株価の方は報道を受け大きく下がっていましたので、なんとも奇妙ですね。
株売りが正しいのか、ポンド買いが正しいのか、普通に考えたら不透明感のポンド売りでもおかしくないですので、やっぱりポンド売りみたいな動きには気を付けたいと思います。


では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

北朝鮮の地政学リスクを受け神経質な値動きが続いていますね。
週末のミサイル発射は失敗、米攻撃が回避された事を受け、週明け早朝時間外から円売りが優勢となるもすぐに円買いに転じると、ドル円は先週末安値を割り込み108.13まで急落、日経平均も大幅下落ろなるなど、リスク回避の動きが大きく進む動きとなりました。
その後は、円買いの動きも一服となると、米財務長官の発言をきっかけに米債利回りが上昇した事で、本日東京市場でドル円は109.22まで上昇する動きとなりましたが、カールビンソンを初めとした米3空母の包囲網に向けた動きが進んでいる他、中国が北朝鮮に金正恩の亡命を要請し、応じなければ米先制攻撃との報道も伝わる中、再び円買いの動きが優勢となると、ドル円は再び109円を割り込み108.65まで下落となるなど、神経質な値動きとなっています。


まだまだ相場が落ち着くには時間がかかりそうですね。
ミサイル発射は失敗に終わったものの、新たなるミサイルの発射や、核実験の開始のリスクは高まったままですので、米中北の対話がまとまるまではドル円は上値の重い展開となりそうですね。
細かい材料に反応して買い戻される場面も今後もありそうですが、突然のミサイル発射で急落などのリスクも考えればまだまだ戻り売り優勢となりそうですね。
ドル円はネックラインの110円をバックに戻り売りで大きく構えていきましょう。


では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

4/17(月) 〔予想〕 (前回)

シドニー・ウェリントン・ロンドン・パリ・フランクフルト・チューリッヒ市場休場(イースターマンデー)
南アフリカ市場休場(家族の日)

11:00 中国1-3月期GDP(前年比) 〔+6.8%〕 (+6.8%)
11:00 中国3月鉱工業生産(前年比) 〔+6.3%〕 (+6.0%)
11:00 中国3月小売売上高(前年比) 〔+9.6%〕 (+10.9%)
11:00 中国3月固定資産投資(年初来・前年比) 〔+8.8%〕 (+8.9%)
15:15 黒田日銀総裁が信託大会であいさつ
16:00 トルコ1月失業率 〔-〕 (12.7%)
21:30 米4月NY連銀製造業景況指数 〔+15.0〕 (+16.4)
23:00 米4月NAHB住宅市場指数 〔70〕 (71)
翌5:00 米2月対米証券投資 〔-〕 (63億ドルの流入)
翌6:00 フィッシャーFRB副議長、講演


4/18(火) 〔予想〕 (前回)

日米経済対話(麻生財務相とペンス米副大統領、-19日)
モスコビシ欧州委員(経済・通貨担当)、講演

10:30 豪準備銀行(RBA)金融政策決定理事会議事録、公表(4月4日開催分)
12:45 5年債入札(2兆3000億円)
19:45 バンク・オブ・アメリカ、1-3月期決算発表
20:30 ゴールドマン・サックス、1-3月期決算発表
21:30 米3月住宅着工件数 〔126.4万件〕 (128.8万件)
21:30 米3月建設許可件数 〔124.5万件〕 (121.3万件)
21:30 加2月国際証券取引高 〔-〕 (62億加ドルの流入)
22:00 ジョージ米カンザスティ連銀総裁、講演
22:15 米3月鉱工業生産 〔+0.5%〕 (±0.0%)
22:15 米3月設備稼働率 〔76.1%〕 (75.4%)


4/19(水) 〔予想〕 (前回)

日米経済対話(麻生財務相とペンス米副大統領、18日-)
モゲリーニEU上級代表、講演

17:00 南ア3月消費者物価指数(前年比) 〔+6.4%〕 (+6.3%)
17:00 ハンソン・エストニア中銀総裁、講演
18:00 ユーロ圏2月貿易収支(季調前) 〔-〕 (157億ユーロの黒字)
18:00 ユーロ圏3月消費者物価指数(HICP)・確報値(前年比) 〔-〕 (1.5%)
20:00 米MBA住宅ローン申請指数(前週比) 〔-〕 (+1.5%)
20:00 モルガン・スタンレー、1-3月期決算発表
21:00 クーレECB理事、講演
23:30 米週間原油在庫 〔-〕 (-216.6万バレル)
23:30 プラートECB理事、講演
翌1:00 ローゼングレン米ボストン連銀総裁、講演
翌3:00 米地区連銀経済報告(ベージュブック)


4/20(木) 〔予想〕 (前回)

20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議(於;ワシントン、-21日)
ジェンティローニ伊首相とトランプ米大統領が首脳会談(於;ワシントン)

07:45 NZ1-3月期消費者物価指数(前年比) 〔+2.0%〕 (+1.3%)
08:50 3月貿易収支 〔-〕 (8134億円の黒字)
08:50 対外及び対内証券売買契約等の状況(指定報告機関ベース)
10:30 豪1-3月期NAB企業信頼感指数 〔-〕 (+5)
12:45 20年債入札(1兆円)
18:00 ユーロ圏2月建設支出(前月比)- 〔-〕 (-2.3%)
19:30 カーニーBOE総裁、講演
21:00 パウエルFRB理事、講演
21:30 米新規失業保険申請件数 〔-〕 (23.4万件)
21:30 米3月フィラデルフィア連銀製造業指数 〔+26.9〕 (+32.8)
23:00 米3月景気先行指数 〔+0.2%〕 (+0.6%)
23:00 ユーロ圏4月消費者信頼感・速報値 〔-4.5〕 (-5.0)
翌2:00 米5年物インフレ連動債入札(160億ドル)


4/21(金) 〔予想〕 (前回)

20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議(於;ワシントン、20日-)
国際通貨基金(IMF)・世界銀行春季総会(於:ワシントン、-23日)

13:30 2月第3次産業活動指数 〔-〕 (±0.0%)
16:00 仏4月製造業PMI・速報値 〔53.0〕 (53.3)
16:00 仏4月サービス業PMI・速報値 〔57.5〕 (57.5)
16:30 独4月製造業PMI・速報値 〔58.0〕 (58.3)
16:30 独4月サービス業PMI・速報値 〔55.5〕 (55.6)
17:00 ユーロ圏4月総合PMI・速報値 〔56.3〕 (56.7)
17:00 ユーロ圏4月製造業PMI・速報値 〔56.0〕 (56.2)
17:00 ユーロ圏4月サービス業PMI・速報値 〔55.8〕 (56.0)
17:00 ユーロ圏2月経常収支(季調前) 〔-〕 (25億ユーロの黒字)
17:30 英3月小売売上高(自動車燃料含む・前月比) 〔-0.2%〕 (+1.4%)
21:30 加3月消費者物価指数(前年比) 〔+1.8%〕 (+2.0%)
21:30 加3月消費者物価指数・コア(前年比) 〔-〕 (+1.6%)
22:30 カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、講演
22:45 米4月マークイット総合PMI・速報値 〔-〕 (53.0)
22:45 米4月マークイット製造業PMI・速報値 〔53.5〕 (53.3)
22:45 米4月マークイットサービス業PMI・速報値 〔53.0〕 (52.8)
23:00 米3月中古住宅販売件数 〔555万件〕 (548万件)


4/23(日)

仏大統領選挙第1回投票


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット